ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美人ニコ生主が挑戦! ゲーム実況の縛りプレイをリアルに再現してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ユーザー記者ユニット・JASTのあおいたん
みなさん、はじめまして! ユーザー記者あおいたんと申します!

普段はニコニコ生放送をする「生主」として毎日放送している私ですが、この度、きたる1月31日(土)と2月1日(日)に開催される「闘会議2015」にて、同じ生主仲間のjetだよ(里*・ω・*春)(〇д〇透)と一緒に、JASTというユニットを組み、ユーザー記者として参加! 記者として「闘会議2015」を盛り上げたり、当日の様子をお伝えしていきます!

前回はJAST代表のjetだよが、ゲーム実況の歴史についてお伝えしましたが、今回は私、あおいたんが「ゲーム実況の楽しさ」についてユーザー記者らしく体当たりでお伝えしようと思います。

ゲーム実況には様々なスタイルがありますが、そのなかでも、私が大・大・大好きなのが「縛りプレイ」。ニコニコ大百科によれば、縛りプレイとは「制限(縛り)を自ら課すことで、ゲームの難易度を高くすること」とのこと。

【ニコニコ動画】卍【風来のシレン】何も拾わない縛り【実況】part1

そんなわけで、私もこの「縛りプレイ」をやってみたくて、JASTのメンバーと一緒に挑戦してみました!

渋谷JKとおっさんニコ生主がガチトーク! これが10代のリアル

これが縛りプレイだ!

まずはメンバーの(〇д〇透)を、(里*・ω・*春)とjetだよが縛ってみる。縛りプレイが楽しすぎるのか、(〇д〇透)がヘブン状態です。

縛りプレイって縛られているほうだけじゃなく、見ているほうも楽しいですよね。(里*・ω・*春)も興奮してこの表情。何かに目覚めそうなです。

すみません、冗談がすぎました……。私がやりたかった縛りプレイは、前述したように一定のルールを設けてゲームを実況することなのですが、ここは生主らしく、少し尖った企画をやってみたくて、ふざけてしまいました……。

ということで、予定では、このまま(〇д〇透)だけ縛られた状態で、みんなで楽しくゲームをやる予定でした。が、その後、突如事件は起きました。

担当編集(KAI-YOU吉田) ちょっと待って。たしかにこの企画をやっていいとは言ったけど、男だけが縛られてるのを見て、一体誰が喜ぶの? どうなるかは分かりませんが、とりあえずあおいたんさんも縛られてみて下さい。

──ファッ!?

jetだよ(JAST代表) それはあおいたんが今まで培ってきたイメージが崩れるので、許可できないですよ。

担当編集(KAI-YOU吉田) いやいや、さすがにこんなよく分からない変なマスク被った男性が縛られてるだけじゃ、記事は成立しないです……。ていうか(〇д〇透)さんはなんで縛られたんですか???

(〇д〇透) え……。

ちなみにこのやり取りはほぼ忠実に再現しています。そんなわけで、担当さんによって、なぜか私も縛られる空気にされてしまい、そのまま縛られることになってしまいました……。

本編スタート! 悶絶するあおいたん

担当編集(KAI-YOU吉田) あれ、縛られるのってはじめてなんですか?

──はじめてにきまってるじゃないですか!!!!! 失礼ですよ!!!!

担当編集(KAI-YOU吉田) (^^;;

という、デリカシーのかけらもない発言を受けながらも、黙々と縛られ、恥ずかしさに絶えながら、ひたすらカメラマンさんに写真を撮られ続けました。

こうして縛られた私は、この状態で、いよいよ本当の縛りプレイでゲームをすることに。手錠で両手を後ろに縛られている(〇д〇透)は、コントローラーが持ちにくそうでした。

私はといえば、元々ゲームが下手な上に、縛られていることに対するあまりの恥ずかしさで、全然ゲームに集中できませんでした……。結局、ゲーム実況はあまり盛り上がらず、泣く泣くお蔵入りに……(涙)。

しかーし!!!

1月31日と2月1日に幕張メッセで開催されるゲーム実況とゲーム大会の祭典「闘会議2015」には、そんな「縛りプレイ」も得意なゲーム実況者さんたちが大集合!!!

きっと、とってもおもしろくて楽しいゲーム実況を見せてくれると思います!

私たちJASTも、ユーザー記者として体を張って当日の模様をお伝えするので、是非是非見にきて下さいっ!

【ニコニコ動画】縛りプレイ(物理)

引用元

美人ニコ生主が挑戦! ゲーム実況の縛りプレイをリアルに再現してみた

関連記事

ようやく胸を張れる時代がきた 白熱するゲーム実況の歴史を生主が解説!
アイドルがバイク改造に挑戦! 虹コンが目指した正義のハーレーとは?
【C87】コミケでゲーム実況者もこうを直撃! 厨ポケ狩り講座も再開決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP