ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とある新聞記事から生まれた“孤独死を弔う仕事”を描く人間ドラマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「たったひとりで亡くなった方の葬儀を行う仕事」――監督を務めるウベルト・パゾリーニがとある記事に着想を得て生まれた映画『おみおくりの作法』が公開中。

ロンドンに暮らすジョン・メイは、孤独死した人を弔う民生係として、誠意をもって働いてきた。しかし、人員整理で解雇を言い渡され、自宅の真向かいに住むビリー・ストークの弔いが最後の案件に……。目の前に住みながら言葉も交わしたことのないビリー。ジョン・メイはビリーの人生を紐解くために、これまで以上に熱意をもって仕事に取り組む。そして、故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅し、たくさんの人々と関わっていく中で、ジョン・メイ自身もまた新たな人生を歩み始める――。

孤独死した人を弔う仕事を通じ、人生を見つめ直していく姿を描いたヒューマンドラマ。本作を通じあなたが感じた“生きること”とは?

おみおくりの作法
監督:ウベルト・パゾリーニ
出演:エディ・マーサン、ジョアンヌ・フロガット、アンドリュー・バカン ほか
(2013年/イタリア・イギリス)
公開中
© Exponential (Still Life) Limited 2012
http://bitters.co.jp/omiokuri/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP