ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 勢い衰えず!米ビルボード・シングル・チャート4週目の1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫
マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 勢い衰えず!米ビルボード・シングル・チャート4週目の1位に

 「アップタウン・ファンク」が、米ビルボード・シングル・チャート4週目のNo.1獲得、マーク・ロンソンのアルバム『アップタウン・スペシャル』も、2週目のTOP10入りを果たした。

 マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」が、4週目にして初登場から最高のポイントを獲得しての、首位に。マーク・ロンソンにとってはもちろんのこと、首位常連のブルーノにとっても、自己最高のヒットソングになる可能性が高くなってきた。

 自身のNo.1ソング「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」(2013年/6週連続1位)がヒットしたあたりから、EDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)が影を潜めはじめ、こういった生音重視の70年代リバイバル・ソングが上位を占めるようになった、全米チャート。この「アップタウン・ファンク」をはじめ、今週のTOP10内を見渡しても、デジタル系サウンドによる楽曲はなく、バウンスのきいたスロウ~ミディアム・ナンバーが固めている。

 そんな中、先週の12位から10位へ、約8年ぶりのTOP10入りを果たしたのは、フォール・アウト・ボーイの「センチュリーズ」。今週のアルバムチャートで見事首位デビューを飾った、彼らの6thアルバム『アメリカン・ビューティー/アメリカン・サイコ』からの先行シングルで、アルバムのプロモーションを受けてエアプレイなどが上昇、自身4曲目のTOP10入りを果たした。また、アルバム『?』からの3rdシングルとしてリリースされた、マルーン5の「シュガー」も、3曲連続のTOP10入りにして、今週6位に上昇。ロックバンドによるシングルが、今週は好調だった。

 いよいよ10日をきった、第57回グラミー賞のノミネート作品である、エド・シーラン(2位)、ホージア(3位)、メーガン・トレイナー(7位)、サム・スミス(8位)の楽曲も、引き続きTOP10内に停滞中で、受賞やパフォーマンスが行われたあとの動向が、今後気になるところ。

 TOP10以下では、アッシャーの「アイ・ドント・マインド」が14位に上昇。今年リリース予定の8thアルバム『UR』からの先行シングルで、TOP20入りは、3年前の「スクリーム」(9位)以来となる。また、ゲストで参加しているジューシー・Jにとっては、昨年年間2位を記録した、ケイティ・ペリーとのコラボソング「ダーク・ホース」以来、1年ぶりのランクインとなった。

関連記事リンク(外部サイト)

2月7日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
2月7日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
マーク・ロンソン×ブルーノ・マーズ 最新コラボ曲MVが公開、息の合った共演っぷりは見もの

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。