ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、Android ROMの開発スタートアップ「Cyanogen」に出資していると報じられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Windows を手掛ける Microsoft が Android ベースの ROM を開発している Cyanogen 社に対して資金面で支援を行っていると Wall Street Journal が事情に精通した人物からの話として報じました。Cyanogen は元々、個人が HTC Dream 用に提供していたカスタム ROM 「CyanogenMod」の開発者集団を法人化した米国のスタートアップです。WSJ によると、Microsoft は、Cyanogen が最近実施した 7,000 万ドルにも達すると言われる資金調達ラウンドにおいて、少額ながらも出資者として Cyanogen に資金提供を行っているというのです。Microsoft は Widows Phone を手掛けているので、Android はこれと競合します。不思議な行動のようにも思われますが、Microsoft も Nokia を通じて Android 端末を発売したり、Google Play では、Office スイートをはじめとした様々なアプリを提供するなど、Android にも深く関わっています。Cyanogen は 近い将来に Google に依存しない Android を提供することを計画しています。それが実現すると、従来からある Google 入りの Android のシェアが減ると予想され、同時に CyanogenMod を搭載したスマートフォンに Microsoft アプリがプリインストールされるようになると、例えば、Bing などの Google と競合するサービス面でシェア拡大が見込まれ、それを狙って出資しているのかもしれません。Source : WSJ


(juggly.cn)記事関連リンク
Airtight : Android TVを搭載したNexus Playerでも利用できるAirPlayレシーバーアプリ
Google、「Nexus 6は需要に見合うだけの十分な供給量を確保できなかった」と明かす
Google、全てのChromebookユーザーにAndroidスマートフォンとのBluetoothでロックを解除できる「Smart Lock」機能を提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP