ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元マネージャーは見た! 男を虜にする「アイドルのもてテク」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AKB48が火付け役となって巻き起こった「アイドルブーム」。一過性の流行ではなく、確固たる地位を築き上げた彼女たちに、男性たちはゾッコン。
女性からすれば、「なにがアイドルじゃい」という気持ちにもなりますが、男性を虜にするという点では、確かな実績と信頼があるのです。
そこで、アイドルグループのマネージャーだった過去を持つ私が「男を虜にするアイドルのもてテク」を紹介します。
これは、ティーン誌でも繰り返し紹介している常套手段ですが、アイドルのそれはレベルが違います。
握手会では、基本的にひとり10秒くらいしか接触をすることができないのですが、会った瞬間に「あーー! きてくれたー」と笑顔満点で迎え入れ、10秒後には「またきてね…(´・_・`)」と、ちょっと切ない表情をする。
その次の瞬間、別のファンにまた「きゃー!久しぶりー」と、うれしさMAX。その感情の切り替えの早さに恐れ入るんですが、それでもファンの男性はうれしいものです。
今回は、これを踏まえた「モテウハポイント」をふたつご紹介します。

男性に会ったとき(再会したとき)

「◯◯日ぶりですね」
気になる男性の姿が見えたら、「◯◯さ~ん!」と名前を呼んで大げさに手を振る。そして「6日ぶりですね!」などと言ってみる。
男性は何日ぶりかなんて数えていないので、「さては俺と会えるのを指折り数えてたのか…」と思わせることができます。
「なんか、もう会えないかと思った」
二度と会えないかもしれない…と、不安がるいじらしい気持ちを伝えましょう。
「なんで、もう会えないかと思ったか」について、明確な理由はいりません。聞かれたら「なんか、なんとなく…(´・_・`)」で大丈夫。
会う会わないの決定権を委ねることで優位に立たせて、男性を気持ちよくしてあげましょう。
基本、この絵文字(´・_・`)が語尾につく感じをイメージして!

別れ際は表情で!

「またね(´・_・`)」で寂しそうに。手を振る〜それはプレバイバイ〜
男性は、気があろうがなかろうが、女性の姿が見えなくなるまで見ていてくれるものです。
そこで大事なのが、1回目のバイバイは「プレバイバイ」 だということ。練習に過ぎないのです。
本番は、少し距離ができてから振り返って「最高の笑顔でのバイバイ」。「プレバイバイ」は、いわば前振りです。
これをやられると、お互いテレパシーのように無言のまま気持ちが通じた気がしてうれしくなるもの。ただ、振り返るタイミングがあまりにも遅いと、ほんとに向こうも帰っちゃうので要注意。
Couple image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
お一人様から「恋する女子」に切り替えるための3つのコツ
料理好き男子に聞いた、結婚相手に求めること
「私の恋愛タイプは?」におっさんがアドバイス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP