ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“標高2700mのゴンドラ”に宿泊!?Airbnbの驚愕キャンペーンが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前このサイトでもご紹介した「Airbnb」の無料宿泊キャンペーン

「Airbnb」は、このKLMオランダ航空とのコラボのほかに、IKEAの店内に1晩泊まれるPR用企画を打ち出したことでも知られているが、今回さらに驚愕のキャンペーンが発表された。

そのキャンペーンとは…「アルプス山脈にあるゴンドラへ1泊ご招待!」という企画。

このゴンドラが位置するのは、標高約2700mの雄々しい雪山に囲まれた場所。フランス南東部にあるアルプス山中のスキーリゾート・クールシュヴェルだ。

視界を遮るものが何もないこの場所で、スリルと絶景を味わいながら1晩過ごすという。

そう聞くと、ただのガマン大会のようだが、そこは“快適な旅を提供するサービス”を売りにしているAirbnbのこと。ゴンドラ内の設備はこれ以上ないほど完璧なのだ。

扉を開けるとそこには2人用ベッドからソファ、テーブル、キャビネットなどひと通りの家具が揃っており、4名まで宿泊可能。

当日はまずゴンドラの停車駅にてディナーをいただき、食事が終わったらケーブルをつたって標高2700mの場所へ向かう。そして朝になったら駅まで戻ってくるという流れらしい。

宿泊希望者は18歳以上であることが条件。

そしてオフィシャルサイトの「Contact Host」のボタンを押し、宿泊希望日と“なぜこのゴンドラに泊まりたいのか”という熱い想いを、英語かフランス語で100文字以内にまとめて送るだけ。

ゴンドラの中は寒いのか、トイレやバスルームはどうするのかなど正直疑問はたくさんあるが、“誰もしたことがない”体験ができるのは間違いなさそう。

興味がある方は早速サイトへGo!

Airbnb(Night at 9,000ft in the air)
https://www.airbnb.co.uk/rooms/4596095/

旅行(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP