ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コピーライターが不要!? サイトのコピーや広告の文言を自動で生成「Persado」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、Webマーケティングの領域でよく耳にするようになった”グロースハック”や”マーケティングオートメーション”といったキーワード。

“グロースハック”にはA/Bテストなどを代表に、広告などの手法ではなく細かい改善や工夫を凝らすことによってサービスを成長させていくこと。”マーケティングオートメーション”はその名の通り、これまでは人の手をかけていたような作業を、テクノロジーによって自動化していくこと、及びそのようなサービスを指す。

今回紹介する「Persado」はその両方を掛けあわせたサービス。従来はコピーライターやマーケターが行っていたキャッチコピーや文言の作成といったWebライティングを、テクノロジーで自動化することでサービスを効率よく成長させるという注目のプラットフォームだ。

成果に繋がる最適なコピーを自動で作成

このサービスの最大の特徴は、実際に効果のあるキャッチコピーやサイト、メルマガで使えるテキストを自動で作成してくれること。

キャッチコピーやWebライティングと言えば、クリエイティブな資質が問われ機械化できないようなイメージを持ちがちだが、このサービスは数学的・科学的なアプローチで成果に繋がる文言を作成してくれる。

“Persuasion Automation”とも表現されるように、人の心を動かす文言を生み出しテストを重ねていくことで、サービスの成長に貢献する。

シティなど既に複数の企業が利用、今後の展開に注目

サイトのキャッチコピーやメールマガジンのタイトル、Web広告の広告文など、Webマーケティングにおけるテキストの重要性は高い。

実際サービスの開始からはまだそこまでたっていないが、シティといった大企業から、サーベイモンキーのようなベンチャー企業まで様々な業種・規模の企業が導入し始めているように注目を集めてきている。

革新的なアイデアなだけに、今後も引き続き注目をしたいサービスだ。
Persado

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP