体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いつもはふんわりマイペース、ライブではキリッ」 ピンク・ベイビーズ佐藤琴乃さんインタビュー

ピンク・ベイビーズ佐藤琴乃さん

ピンク・ベイビーズ佐藤琴乃さんインタビュー

「UFO」「ペッパー警部」「ウォンテッド(指名手配)」など、誰しも一度は聴いた事があるピンク・レディーのナンバーを歌い踊り継ぐユニット「ピンク・ベイビーズ」。

2013年のプレデビューイベント、2014年9月の初ワンマンライブ、2014年フランスでのステージと着々と活躍の場を広げています。メンバーは総勢14名、平均年齢14歳とフレッシュかつダイナミックなパフォーマンスが魅力です。

メンバーそれぞれに夢、好きなこと、得意分野があり、個性たっぷりのピンク・ベイビーズ。今回はダンスリーダーの佐藤琴乃さんにインタビュー! ダンスを始めたきっかけ、今後目指したいアーティスト像など色々とお話を伺ってきました。

7歳からダンスに目覚めて早9年!

―佐藤さんはピンク・ベイビーズの中でもひと際ダンスが上手で、ステージいっぱいに動く姿が印象的ですが、ダンスをはじめたのはいつからですか?

佐藤琴乃:7歳の時にダンスに出会いました。

―今15歳ですからもうすぐキャリア9年ですね

ピンク・ベイビーズ佐藤琴乃さん

佐藤琴乃:ダンスを始めたのは、安室奈美恵さんのプロモーションビデオやライブを観てかっこいいなぁと憧れたのがきっかけなのですが、11歳の時ダンススクールの選抜オーディションに合格し、そこから色々なコンテストで入賞をしてさらに楽しくなりました。その後はアイドルグループのバックダンサーをしていました。

―そこからアーティストになりたいと興味を?

佐藤琴乃:はい。バックダンサーをしながら、前で歌って踊っている皆さんを観ていると、キラキラと輝いていてとっても素敵で。私もダンスだけでは無く歌など色々な事を表現出来る人になりたいと思いました。

―そこから13歳の時にピンク・ベイビーズのオーディションに合格して、アーティストとしての活動がスタートしたわけですね。

佐藤琴乃:スクールの先生に「こんなオーディションがあるよ」と教えてもらって参加して。

―オーディションの時の事って覚えていますか?

佐藤琴乃:すごく緊張した反面、「絶対合格する」という自信を持って挑んだので、手応えはありました。でも、終わった後はドキドキで……。合格の知らせを電話で聞いた時は、映画やドラマでよくある「周りは動いているのに自分は止まっている」状態に(笑)。

―ビックリしすぎてスローモーションになる状態を体験したんですね(笑)。ピンク・ベイビーズの他のメンバーと会った印象はいかがでしたか?

佐藤琴乃:私、実はすごく人見知りで。

―えっ! インタビューも堂々と答えていらっしゃるので、全くそんな印象は無く、意外です。

佐藤琴乃:人見知りなんです(笑)。初対面の方とは上手に話せないんです。だから、メンバーと最初に会った時は緊張してガチガチになっていました。でも、ダンスリーダーとして皆の先頭に立ったりストレッチを仕切っているうちに、打ち解けて、今ではすっかり仲良しになりました。

―メンバーの中で一番のライバルっていますか?

佐藤琴乃:う〜ん。皆がライバルであり、一番のライバルは自分ですね。一番得意で、大好きなダンスは誰にも負けたくないですし、昨日の自分より上手くなりたいです!

ピンク・レディーのナンバーは大人っぽい! 表現力を磨く日々

―ピンク・ベイビーズはピンク・レディーのナンバーを踊り歌い継承するユニットですが、ピンク・レディーの事は知っていましたか?

佐藤琴乃:はい! テレビの懐かしの曲特集で流れていて聴いたり、ママが口ずさんでいるので知っていました。

―ピンク・レディーの曲って歌詞が大人っぽくて、メロディーもかっこよくて、今聴くと、逆に新鮮に感じますよね。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy