ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

バーシア来日公演 往年の名曲に聴き入る魅惑のステージ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
バーシア来日公演 往年の名曲に聴き入る魅惑のステージ

 ポーランド出身でマット・ビアンコなどでも活躍したシンガーソングライター、バーシアが1月27日と28日の2日間に渡りビルボードライブ東京にて来日公演を行った。

 キーボード、サックス、ギター、ベース、ドラムスという楽器隊に加え、2人の女性コーラスを従えて登場したバーシア。立ち上がりこそやや温存気味という感もあったものの、その歌にはやはり特別な輝きがあり、ステージが進むに連れて徐々に本領を発揮。往年の名作を思わせる清涼感のある歌声を響かせる。時に低音から、時にユニゾンでバーシアを支えるコーラス隊とのコンビネーションも絶妙で、「クルージング・フォー・ブルージング」では3声の重なった分厚いコーラスが清涼感を演出。また、「ハウ・デア・ユー」では3人が揃ってハットを被り、曲のラストでそれを高々と投げるという粋な演出も披露した。この日のバーシアは歌だけでなく、どこかチャーミングなその振る舞いも印象的だ。

 キーボードのダニー・ホワイトを中心に多国籍な面子の揃ったバック・バンドの演奏もハイレベルで、あえて曲間を繋げる冴えたアレンジも交えつつ、ボサノバやジャズ、ラテン色の強い前半から、ディスコやゴスペルの影響も昇華したポップ色の強い後半へ、というショー全体の流れを見事に演出した。セットリストの中心はやはりバーシアのキャリアの名曲群だが、その折衷性の高い楽曲は現代の視点から見ても非常に新鮮に響く。バーシアとバンドの熱演に「サード・タイム・ラッキー」のサンバ・パート等では客席から手拍子も飛び出すなど大盛況のうちに終演。新たなファンはもちろん長年のファンにとっても、改めて聴き入る部分の多い魅力的なステージとなった。

 バーシアの来日公演は1月30日(金)、ビルボードライブ大阪でも開催予定となっている。

◎公演情報
2015年1月27日(火)~28日(水) ビルボードライブ東京
2015年1月30日(金) ビルボードライブ大阪
More Info: http://www.billboard-live.com

関連記事リンク(外部サイト)

バーシア 来日記念特集
ザ・ポップ・グループが来日公演前日にまさかのインストア・イベントを開催
RHYE 一夜限りの貴重な来日公演を3月に開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。