ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャスティン・ビーバー、初期の繊細な歌声が聴ける新曲2曲のさわりを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャスティン・ビーバーが1月28日、自身のインスタグラムで新曲2曲のさわりを公開した。何かと良くない話題も多い彼だが、音楽面では相変わらず素晴らしい声を持った繊細な人物であることを再確認できる。

 1曲は、初期のビーバーのような慈悲深い声で、ポップス界のバッドボーイが天を仰ぐように“どうしたらもっと楽に生きられるの? どうしたら君の瞳は明るくなるの? もっともっと信じることだね”と歌っている。

 また、もう1曲の方は俗世間へと立ち返り、“朝、僕はどうやって起きたらいいのだろう、すぐ隣に君がいないのに。どうして僕たちは全てを投げ捨ててしまったのだろうか?”などと別れた恋人(セレーナ・ゴメス?)に対して感傷的に歌いあげる。

 今年、2013年の『ジャーナルズ』以来となるニューアルバムのリリースが期待されるビーバー。先日には、名プロデューサーであるリック・ルービンとスタジオで作業していることが報じられた。

◎ジャスティン・ビーバー インスタグラム・ページ
http://instagram.com/justinbieber/

関連記事リンク(外部サイト)

バーシア来日公演 往年の名曲に聴き入る魅惑のステージ
Maroon5のアダムがアカデミー賞でパフォーマンス決定 『はじまりのうた』主題歌「Lost Stars」を演奏
クリス・ブラウン、社会奉仕活動を完了しておらずツアー延期

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP