ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽屋で殴り合い、社長にも意見 嵐もビビるKAT-TUNの素顔

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「(KAT-TUNは)怖かったもん!」。1月24日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)にゲスト出演した亀梨和也(28才)に向かって、二宮和也(31才)と櫻井翔(33才)は続けてそう言い放った。

 CDデビューでは、嵐の7年後輩にあたるKAT-TUN。しかし、嵐にとっては少々怖い存在だったという。番組中、松本潤(31才)と相葉雅紀(32才)は、当時KAT-TUNが挨拶にきたときの様子をこう振り返った。

松本「おまえら革靴で踊んの? みたいな」
相葉「あんなとんがった革靴初めて見たよ」

 KAT-TUNはファッションにこだわりをもっていたため、決められた衣装があるにもかかわらず私服でステージに上がることもあったという。

「“このジーパンのままがいい”と言って、ライブに出たりすることは日常茶飯事で、亀梨さんは、それこそ反骨精神の塊…。メンバー同士の衝突もしょっちゅうで、コンサートが終わって控え室に戻ると、“なんであそこで動けないの?”と、殴り合いの大げんかをしていたこともよくありましたよ」(音楽関係者)

 ところが、亀梨の“怖い話”はこれだけにとどまらない。デビュー前の2005年、突然撮影があると現場に連れてこられた亀梨は、そこでジャニー喜多川社長(83才)から、山下智久(29才)とふたりでCDを出すことを告げられた。

「亀梨さんは、“納得できない”と、撮影を2時間もストップさせてジャニーさんに直談判したんです。“最初のCDはKAT-TUNで出したい”という強い思いがあったんです。でも、そんなド新人が社長に物申すなんて前代未聞。その時はジャニーさんに押し切られてしまったんですが、それ以来周囲は、亀梨さんにビビリまくってるんですよ」(前出・音楽関係者)

 ちなみに、Hey!Say!JUMPの有岡大貴(23才)は、KAT-TUNのバックダンサーを務めていたJr.時代に亀梨と車に同乗した際、車内でどう振る舞っていいかわからず寝たふりをしたところ、耳元で「オイ。ホントは起きてんだろ?」と囁かれたという。有岡はそのときのことを「記憶が残らないほどの恐怖を味わった」と後に振り返った。

※女性セブン2015年2月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小泉今日子 かつて交際報じられた亀梨和也と「復活愛」か
ベム亀梨和也 徹底した役作りの裏に赤西仁と中居正広の存在
赤西仁 KAT-TUNメンバーに申し訳ないか聞かれ「もちろん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。