ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、フレッツ光のインターネット接続サービス「ドコモ光」とデータプラン「ドコモ光パック」を3月1日より提供開始、2月16日より申込を受付

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 1 月 29 日、フレッツ光を利用した同社による FTTH サービス「ドコモ光」と、スマートフォンとのセット割を含むデータプラン「ドコモ光パック」の詳細を発表しました。サービスは 3 月 1 日に開始されます。「ドコモ光」は NTT 東西の光ファイバー回線「フレッツ光」を用いた最大 1Gbps のインターネット接続サービス(もちろん、ベストエフォート型です)です。「ドコモ光パック」は、この「ドコモ光」加入者のために提供されるスマートフォン・タブレット向けのデータプランのことで、既存のデータプランを契約しているユーザーが「ドコモ光パック」に切り替えると、例えば、4 人家族の場合だと月額 3,200 円の「セット割」を受けることができます。「ドコモ光」の料金プランは、「タイプ A(戸建て 5,200 円/月、マンション 4,000 円/月)」、「タイプ B(戸建て 5,400 円/月、マンション 4,200 円/月)」、「単独タイプ(戸建て 5,000 円/月、マンション 3,800 円/月)」です。タイプ A とタイプ B の違いは選択可能なプロバイダの種類のようです。タイプA / B はプロバイダ料込み、単独タイプは別です。また、上記の金額は 2 年契約時の場合で 2 年契約じゃない場合は、戸建には 1,500 円加算、マンションタイプには 1,000 円加算されます。「ドコモ光パック」では、家族向けに「光シェアパック」、個人向けに「光データパック」、らくらくフォン・スマートフォン向けに「光らくらくパック」が提供されることになっており、セット割金額は加入するプランによって変動しますが、いずれの場合もセット割によって 500 円/月以上の割引を受けることができます(旧プランのまま利用した場合のセット割は 200 円/月です)。申込受付は 2 月 16 日より「タイプ A」で行われ、3 月 1 日より実際に開始されます。タイプ B は 2015 年 6 月より提供予定となっています。申込窓口は NTT ドコモの公式サイトやドコモショップ、電話受付となっています。Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、2015年モデルとして「E6533」、「E5333」、「E2353」を開発中
ZTE、スクリーン比率80%を実現した「Blade V2」やエントリーモデル「Blade L3」を発表
ワイモバイル、Nexus Playerがもらえる特典付きの新キャンペーン「学割応援団」を2月1日より実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP