ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グラミー受賞DJ兼プロデューサー=マーク・ロンソン、全英シングル&アルバムのダブル1位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マーク・ロンソンの最新アルバム「アップタウン・スペシャル」が全英アルバム・チャート初登場1位を獲得、全英シングル・チャートでは「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が6週連続1位を獲得し、シングル&アルバムともに自身初のダブル1位を獲得。全米アルバム・チャートでは自己最高記録の初登場5位を獲得した。

これまでマーク・ロンソンは故エイミー・ワインハウスの名作「リハブ」プロデュースで一躍脚光を集め、2008年のグラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」を受賞。その他ブルーノ・マーズの全米N0.1ヒット・シングル「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」をプロデュースするなど、DJ兼プロデューサーとしての独自のセンスが多くの著名アーティストからリスペクトされていたが、最新アルバムでは彼の得意分野ともいえる80年代、90年代、00年代のヒップホップやR&B、ソウル、ファンクなどを華やかに盛り込んだ作品となっており、過去最高傑作と多くのメディアが評価。国内でも最新シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」がUSEN洋楽ランキングで2週連続1位を獲得するほか、iTunesポップ・チャートではシングル&アルバムともに1位を獲得(1月7日付)するなどすでに話題を集めている。

ブルーノ・マーズほかスティーヴィー・ワンダーが2曲参加するなど豪華アーティスト参加でも話題のニュー・アルバムの国内盤は今春発売予定。

リリース情報
アルバム「アップタウン・スペシャル」
輸入盤1月13日(US)発売
※国内盤詳細は追って発表予定

シングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」
iTunesほか配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/uptown-funk-feat.-bruno-mars/id938032038

「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」ミュージック・ビデオ

関連リンク

マーク・ロンソン オフィシャルサイト:http://www.sonymusic.co.jp/artist/MarkRonson/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP