ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

派遣社員が正社員の打診を断る理由 1位「負担が増える」、2位「人間関係が煩わしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

派遣先から「正社員」への採用を打診されても、受け入れるのは4割――。日本人材派遣協会が1月27日に発表した調査結果で、派遣で働く人の実態が浮かび上がった。

調査は過去半年間に派遣で働いていた4593人を対象に、インターネット上で実施。88%が女性で、平均年齢は38.1歳。80%が過去に正社員を経験している。派遣といえば「かわいそう」というイメージを抱く人も多いが、果たして本当にそうなのか。
残業時間「ゼロ」が半数以上。ほぼ定時退社が8割

回答者の平均時給は1365円。従業員数1000人以上の大企業で働く人は1420円で、1日8時間・月20日間勤務で22万7200円となる。業種別ではIT・通信系が1637円と最も高く、次がクリエイティブ系で1498円。最も低かった製造・軽作業系は997円だった。

賃金の満足度では「不満」(44%)が「満足」(38%)を上回っているが、それほど大きな差はなく、過去3年間の派遣就業中に「賃金が上がった」という人も35%いた。

1週間の平均残業時間は、半数以上の53%が「なし」と回答。1時間程度(17%)と2~3時間程度(12%)を加えると、毎日ほぼ定時で帰れる人が8割を超えている。週20時間以上という人は5%だった。

当面希望する働き方として「派遣」と回答した人は67%と最も多く、「正社員」は19%だった。ただ、数年後に希望する働き方では「正社員」が48%と多く、「派遣」のままは15%。

正社員を希望する理由は「雇用が安定するから」(84.3%)が最も多く、次いで「賞与があるから」(61.9%)、「福利厚生が充実しているから」(45.5%)という回答が多かった。

とはいえ、正社員であっても賞与や福利厚生がなかったり、かなり乏しかったりする会社もある。必ずしも雇用が安定していない場合もあり、サービス残業がないことを考えれば「派遣の方がマシ」と考える人もいるかもしれない。
正社員の打診「断る」21%、「分からない」37%

この点は派遣社員も心得ており、現在の職場(派遣先)から正社員雇用を打診された場合、「受け入れる」と回答した人は42%いたものの、37%が「分からない」、21%は「断る」としている。打診を断る理由(複数回答)は、

「体力的・精神的な負担が多くなるから」(34%)
「仕事の責任が重くなるから」(26%)
「残業がある、または多いから」(24%)

など、過重労働に巻き込まれたくないという回答が上位に来た。派遣で働く人の半数以上は残業のない働き方をしており、正社員になった途端に「会社最優先」を求められることを警戒しているのかもしれない。

正社員では家事や育児、介護や趣味などとの両立が難しい、と考えている人もいるだろう。「職場の人間関係が煩わしいから」(31%)という回答も多い。正社員になると飲み会への参加など、仕事以外での交流が求められる場合もある。人付き合いの苦手な人にとっては、正社員は面倒なのかも知れない。

あわせて読みたい:「派遣から一流企業正社員」って本当にあるの?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP