ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、スクリーン比率80%を実現した「Blade V2」やエントリーモデル「Blade L3」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー ZTE が昨年末に Blade シリーズの新モデル「ZTE Blade V2」と「ZTE Blade L3」を発表しました。Blade V2 は、昨年国内でも発売された「Blade Vec 4G」の後継となる 5 インチスマートフォン。新モデルは 64bit 対応の Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載するほか、前面のベゼル枠を細くしてスクリーン比率 80% のコンパクトさを実現しています。このほか、1GB RAM、8GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,400mAh バッテリーを搭載し、GSM 900 / 1800 / 1900MHz、WCDMA 900 / 2100MHz、LTE Cat4 800 / 900 / 1800 / 2600MHz に対応。筐体サイズは 143 x 70.7 x 8.5mm です。Blade L3 は、Blade V2の下位に位置る 5 インチスマートフォンです。しかし、Android 5.0(Lollipop)を標準搭載しています。このほか、MediaTek MT6582M 1.3GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラを搭載しています。Source : ZTE(Blade V2)(Blade L3


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、2015年モデルとして「E6533」、「E5333」、「E2353」を開発中
ワイモバイル、Nexus Playerがもらえる特典付きの新キャンペーン「学割応援団」を2月1日より実施
Android TVを搭載した「Nexus Player」が2月下旬に国内発売、価格は12,800円+税

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP