ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一滴残らず駆逐してやる!「進撃の巨人」とコラボした梅酒が限定発売でパッケージがナイス!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人気の「進撃の巨人」。原作者 諫山 創さんの故郷は大分県日田市大山町。ご実家は、梅の栽培農家なんだそうです。この巨人の故郷ウォール・オオヤマからの進撃。ウォール・オオヤマ産梅使用の限定梅酒とアニメ「進撃の巨人」がコラボ。ネットと直売店のみで限定発売されています。

それぞれのキャラクターイメージに合わせた「おおやま夢工房」の梅酒3種にキャラクターラベルがあしらわれています。

この梅酒、原料には諫山さんの実家で採れた梅も使われているそうですよ。


梅酒はお酒なので二十歳以上限定販売。
進撃の巨人 ラベル限定梅酒3本セット(500ml×3本)
限定ラベル・特別化粧箱入り¥6,499(税込)
・エルヴィン団長の梅酒(熟成梅酒ゆめひびき:20度/500ml)
・ハンジ分隊長の梅酒(南高梅のこだわり梅酒:14度/500ml)
・リヴァイ兵長の紅茶梅酒(アールグレイ紅茶梅酒:14度/500ml)


ノンアルコール飲料は未成年でもOK。エレン、ミカサ、アルミンのラベル3種セットです。
進撃の巨人 ラベル限定梅果汁飲料ビブラート3本セット(180ml×3本)
限定ラベル・特別化粧箱入り ¥2,000(税込)
・エレンの梅果汁飲料(樹上完熟梅ビブラート:180ml)
・ミカサの梅果汁飲料(樹上完熟梅ビブラート:180ml)
・アルミンの梅果汁飲料(樹上完熟梅ビブラート:180ml)

リヴァイ兵長のラベルは「豊後・大山 ひびきの郷」の店頭販売のみ!ウォール・オオヤマに調査に行かなくては入手できません。

ラベルも魅力的ですが、購入者のレビューを見ると、お味の方もかなり期待できそうです。梅酒と梅果汁飲料の3本セットのご購入はネットショップからできますよ。

進撃の巨人キャラクターラベル梅酒 通販|作者の故郷 大分県日田市大山町 おおやま夢工房 梅酒通販サイト『梅酒専門蔵』

関連記事リンク(外部サイト)

進撃の巨人 実写映画の撮影地はなんと廃虚の聖地 ”軍艦島”
進撃の巨人の諫山創とARMSの皆川亮二がコラボし「将棋バトル漫画」を掲載!
ラムちゃんの吟醸酒だっちゃ♪「うる星やつら」ラムちゃんの金箔入吟醸酒発売!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP