ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩いて貯めて景品抽選! 「よこはまウォーキングポイント」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歩いて貯めて景品抽選!「よこはまウォーキングポイント」って?(写真:sepavo / 123RF 写真素材)

横浜市と凸版印刷、オムロンヘルスケアの共同事業として、2014年11月から始動した健康増進プロジェクト「よこはまウォーキングポイント」をご存じだろうか? 40歳以上の横浜市民が対象で、歩くとポイントがもらえて、ポイントを貯めると商店街などで使える商品券に変えられるという、ユニークなプロジェクトだ。

そこで横浜市健康福祉局保健事業課の小松さんに、よこはまウォーキングポイントについてお話を伺った。「よこはまウォーキングポイントは、健康寿命日本一を目標に、日常生活の中で気軽に楽しみながら継続して健康づくりに取り組んでいただくことで“元気で活力ある横浜”を築いていくために2014年11月からスタートした事業です」

歩数に応じたポイントにより商品券等の景品抽選に参加できるという、ユニークな取組が受け入れられ平成26年度の参加目標5万人を大きく上回る申し込みがあるという。現在、参加受付枠を5万人から10万人へと拡大させ、12月15日時点で参加申込数は7万8000人を超えているそうだ。

では、何故このプロジェクトを始めたのでしょう?「横浜市でも他の都市と同様に急速に高齢化が進んでおり、2025年には高齢者が約100万人に達する見込みなのです。そこで、ウォーキングは気軽に取り組むことができる人気のあるスポーツのひとつですし、横浜は歩く魅力に溢れた街ですのでこのプロジェクトを始めました」

参加するとポイントがもらえ、景品抽選に参加できると聞いたのですが、参加資格などはありますか?「対象者は40歳以上の横浜市民で、参加者にデータ送信機能付きの歩数計をプレゼント致します。市内商店街を中心に、百貨店やスポーツセンター、公共施設等に設置される専用読み取りリーダーに歩数計をのせると、歩数に応じてポイントが貯まるシステムになっていて、3カ月毎に、200ポイント以上達成した方を対象に、3000円相当の商品券等が当たる景品抽選に参加できます」

ポイントは2000歩毎に1ポイントが貰えるとのこと。参加者はパソコンやスマートフォンで歩数・消費カロリーなどを記録し、他参加者との歩数順位も確認できる。ちょっとしたゲーム感覚で楽しめるうえ、参加者全員の平均歩数が目標歩数を上回った月は国連WFPに20万円を寄付するなど、歩く事が社会貢献にも繋がる。

参加者にとって歩き甲斐のあるこの「よこはまウォーキングポイント」。健康維持のため、そして社会貢献のために参加してみてはいかがだろうか?

【画像1】よこはまウォーキングポイントの流れ(画像提供:横浜市健康福祉局保健事業課)

【画像1】よこはまウォーキングポイントの流れ(画像提供:横浜市健康福祉局保健事業課)●取材協力
よこはまウォーキングポイント
HP:http://enjoy-walking.city.yokohama.lg.jp/walkingpoint/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/01/28/76711/

【住まいに関する関連記事】横浜市、保育所整備・賃料補助事業の平成27年開所分2次募集を開始
子育て世代を応援するイベント「子育てEXPO」が横浜で開催
細田工務店、「グローイングスクエア横濱港南台」最終期2邸受付開始
細田工務店、「グローイングスクエア横濱港南台」第1期販売開始
【NEWS】横浜市・東急電鉄『次世代郊外まちづくりの取組として「スマートコミュニティ推進部会」』設置

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。