ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近製造されたOnePlus Oneでは「Cyanogen」ロゴが削除されている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenMod を搭載し OnePlus の第 1 弾スマートフォン「OnePlus One」。最近製造された OnePlus One ではバックカバーから「Cyanogen」ロゴが削除されているようです。米国で OnePlus One を購入された Robert Wisz 氏が Google+ でこの情報をシェアしていました。OnePlus One は昨年 5 月の発売から少なくとも昨年 12 月までは背面に次の写真のように「Cyanogen」のロゴがプリントされています。これは OnePlus One に Cyanogenが作成した「CyanogenMod 11S」が搭載されているからなのですが、両社の提携の証でもある Cyanogen のロゴが削除されてしまいました。Wisz 氏によると、この OnePlus One はパッケージの記載から 2015 年 1 月 10 日に製造されたものです。OnePlus は Micromax とのライセンス訴訟問題でインドでは OnePlus One に CyanogenMod 11S を搭載できないことになっており、それがきっかけで自社で Android ベースの ROM を作成し、今後はそちらに移行させる方針に決めています。その方針変更がインド以外でも適用され、Cyanogen ロゴが削除されたとも推測できます。ただ、Wisz 氏の投稿のコメント欄には、1 月 24 日に配達された OnePlus One には Cyanogen ロゴがプリントされているとのコメントも投稿されており、全ての OnePlus One からロゴが削除されたわけではなさそうです。Source : Google+(Robert Wisz 氏)、YouTube


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、海外でGalaxy Note 3のAndroid 5,0アップデートを開始、まずはロシアから
「おサイフケータイ ジャケット 01」がドコモの「iD」に対応
AQUOS Crystalでアプリ起動履歴キーを押したときに標準Androidのようなサムネイル表示に変更する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP