ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川崎宗則 SBから10倍以上の年俸オファー拒否しトロント残留

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年末に海外FA宣言したものの、受け入れ先が見つからず阪神に残留、「メジャー帰り厚遇」ともいえる高額契約を獲得した鳥谷敬。チーム内に不協和音が起き、ファンからの指摘も手厳しい。対照的に、この騒動の渦中で株を上げた意外な男がいる。鳥谷の有力移籍先として名前の挙がっていたブルージェイズに残留が決まった川崎宗則だ。

「川崎はマイナー契約ですが、当初から“マイナーでも野球ができる喜びがある”と発言していました。そのうえ今オフ、ソフトバンクの王貞治会長が川崎と何度も食事をし、10倍以上の年俸で声をかけたが拒否されたことを明かした。

 鳥谷と正反対の決断が日米でファンを増やしている」(スポーツジャーナリスト)

※週刊ポスト2015年2月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鳥谷敬 批判してた「メジャー帰り厚遇年俸」になり複雑心境
鳥谷へ7年30億円提示はファンへの引き留めアピールと阪神OB
川崎宗則 肩も守備も走塁も並だが元気はメジャー級と大人気

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP