ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleのMVNOサービスはSprintとT-Mobileの基地局を利用したものになるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週、海外のメディアが報じた Google の MVNO サービスに関する新情報が Wall Street Journal で報じられていました。これまでのところ、Google は米国 3 位の Spint と 4 位の T-Mobile と提携し、両社の通信回線を借りて独自にサービスを提供し、Sprint との間では既に合意に達していると伝えられています。今回の新情報というのは、なぜ Google は Sprint と T-Mobile の 2 社と提携しようとしているのかについての答えとなりそうなことです。WSJ の報道によると、Google は両社の基地局を組み合わせることで、広大な全米のどの地域においても最適な電波環境を提供できるようにすることを計画しているというのです。このようなサービスは、国内でもソフトバンクがイーモバイルの周波数帯を使って開始した Hybrid LTE 方式に似ています。今回は GSM 系キャリアと CDMA 系キャリアの組み合わせなので、国内で言うとソフトバンクと au の電波を掴めるという、ある意味最強の SIM カードを提供することになりそうです(ただ、Google は MVNO なので内部の仕組みは異なります)。Source : Wall Street Journal


(juggly.cn)記事関連リンク
Meizu、699元(約13,000円)の5インチスマートフォン「Meizu M1」を発表、画面比15:9ディスプレイが復活
ソフトバンク、海外リゾート地で携帯利用料を半額にする「リゾート割」を提供
Feedly、WEBから必要な情報を即座に探し出せる新しい検索機能「Power Search」の提供を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP