ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボーカロイドIA生誕3周年イベント開催、トーク専用「ONE(オネ)」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月27日、生誕3周年を迎えたボーカロイドIA(イア)。その生誕3周年を記念したスペシャルイベントが、1月24日東京・代官山UNITで行われた。ここで初めて「ARIA ON THE PLANETES」シリーズ第2弾「ONE(オネ)」が発表された。音声創作ソフト「CeVIO Creative Studio S」専用トークボイス「ONE -ARIA ON THE PLANETES-」は、IAと同じ誕生日となる1月27日にダウンロード販売がスタートする。

イベントはニコニコ生放送で生中継され、約3時間におよびアーティストライブ&トークとして開催。会場には幸運にも一般観覧として抽選で選ばれたユーザー約100名と関係者を含め300名が来場。ニコニコ生放送の視聴者数は45,000人を超え、IAに関連するアーティストライブ、そして新情報を心待ちにしていた多くのユーザーに見守られながらイベントが終了した。

代官山ユニットのステージとステージ下に設置された特設トークブースに次々とIAにちなんだアーティスト、クリエイターが登場。ライブを披露したのは、TeddyLoid、ワタナベイビー(ホフディラン)、ナナホシ管弦楽団、PolyphonicBranch、DOMINO88、Jumicchi、石風呂、IAという8組。特にTeddyLoid、Jumicchiはステージ上で、IAのAR映像と共演。実際のライブ会場でIAが歌い踊っているかのような躍動感を感じられ、アーティストIAとしての可能性を感じられるステージとなった。

トークはMCの事務員GがボカロPからJ-POPアーティスト、ゲームキャラクターまでホスト役として出迎え、それぞれIAとの馴れ初めなど軽快なトークを展開。更にLiaからビデオメッセージ、じんから音声メッセージが届いた。また会場にはIAへ向けてお祝いメッセージのボードも飾られ、様々なアーティストからのコメントに埋めつくされていた。

その中、番組内では「2015 IA BIG NEWS」として以下4つの新情報が発表された。

1. 「IA/VT発売情報」
2. 「IA -ARIA ON THE PLANETES-DAW PACKAGE発表」
3. 「ARIA ON THE PLANETESの第2弾、ONE発表」
4. 「IA ワンマンライブ発表」

注目すべきは、新しく「ARIA ON THE PLANETES」シリーズとしてIAに続き第2弾「ONE(オネ)」が初めて発表されたこと。音声創作ソフト「CeVIO Creative Studio S」専用トークボイス「ONE -ARIA ON THE PLANETES-」 はIAと同じ誕生日となる1月27日にダウンロード販売がスタートする。

そして、IAのワンマンライブが開催されることも新情報として発表された。具体的な日程はまだ公表されていないが、今後の続報に期待が寄せられる。

IA3周年のこのタイミングで、今回のイベントを含め、様々な企画がスタートしている。すべての企画内容はIA3周年の特設サイトにて告知されている。

たくさんのアーティスト、クリエイターに愛されているIAだからこそ実現したアニバーサリーイベント。2月23日まではニコニコ生放送のタイムシフトにて今回のイベント視聴が可能だ。

IA3周年特設サイト
http://1stplace.co.jp/works/specialized/ia_3rd/comment/

イベント情報
IA 3周年記念ありがとうパーティー ~ライブ&トーク~
http://live.nicovideo.jp/watch/lv203767595
※2月23日までタイムシフトにてイベント視聴可能

ライブ演奏曲
1. IA×TeddyLoid 「Shooting Star」
2. ワナタベイビー(ホフディラン)「恋は渋谷系」
3. ナナホシ管弦楽団 「RACER’S HIGH」
4. PolyphonicBranch 「キズナエフェクト」
5. DOMINO88 「Dancing Harvest Moon」
6. IA×Jumicchi 「We gotta run」
7. 石風呂 「サンデーミナミパーク」
8. IA 「ヘッドフォンアクター」

関連リンク

ONE公式ページhttp://1stplace.co.jp/software/cevio
IA|1st PLACEhttp://1stplace.co.jp/artist/ia/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。