ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

急逝の斉藤仁氏 相手に配慮し顔を潰すまいと昼から酒席参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ロサンゼルス、ソウルと2大会連続五輪金メダリストの柔道・斉藤仁氏が1月20日、がん性胸膜炎のため急逝した。享年54。全日本柔道連盟の北田典子理事は早すぎた死を悼む。

「オンとオフのメリハリがしっかりしていた人でした。稽古では厳しいが、みんながその人柄を慕っていました。座右の銘は『剛毅木訥(ごうきぼくとつ)仁に近し』。まさにそのものの柔道家でした」

 国士舘大時代から常に3歳上の天才・山下泰裕と比較されてきた。その山下との対戦は8戦8敗。203連勝のまま引退した国民栄誉賞の山下に比べ、斉藤の存在はどうしても“二番手”のイメージで地味に映る。

 実際は山下に全く引けをとらない柔道の申し子で、テレビドラマの『柔道一直線』を見て柔道を始め、『ミュンヘンへの道』で五輪に目覚めたという、まさに柔道漫画のような人生だった。

 関係者によると、一昨年の末頃に肝内胆管がんが発覚。切除不能の診断だったという。治療中に糖尿病や胃炎を患い、昨年末には病状が悪化。最後は手の施しようがなかった。

 肝臓の病気はもちろん飲酒の影響が大きい。ある講道館関係者がその一端を明かした。

「若い頃から重量級のチャンピオンだけを目指していた斉藤は、体を大きくしたい一心で暴飲暴食して昼寝を繰り返していた。そもそも酒好きなこと、そして人付き合いが非常に良いことから、現役時代も酒席の誘いは決して断わらず、それが体を壊す結果になったのだと思う。山下、斉藤、井上康生の3人が全柔連の将来を背負うと期待されたが、斉藤だけは健康問題が不安視されていた」

 一時は昼間から酒席に出ることもあったという。それが身を滅ぼすと警告した人もいたが、付き合いのいい男は、相手の顔を潰すまいとした。

 残された長男の一郎君は16歳、次男・立(たつる)君は12歳。とりわけ立君は昨年2月の近畿小学生大会の無差別級で圧倒的な強さを見せて優勝。身長166センチ、体重100キロと、将来の有望株だ。

「斉藤さんは息子たちに夢を託そうと、5年前に関西に居を移し、自宅の畳も柔道用にした。病室でも息子たちに打ち込みの稽古をつけ、最後の言葉も“稽古に行け”だったそうです」(全柔連関係者)

 不器用だが優しい、最期まで柔道に生きた男が逝った。合掌。

※週刊ポスト2015年2月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女三四郎・山口香が不祥事続く柔道界の問題点を鋭く突いた本
7年後の東京五輪で金メダルが期待できる将来のエースを紹介
斉藤慶子 資産140億円セレブと再婚も「遺産目当て」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP