ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【スタバ】限定メニューや新たな発見も!行ってみたい世界のスタバ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Haruka Tajima 「【必見!シンガポールの見所】世界一快適な空港に空中プールに美しい島!」より

旅先では特別なことをしてみたくなりますが、意外と日本食が恋しくなったり、いつもの味が欲しくなるなんてこともありますよね。そんなときは世界60カ国以上に展開する「スターバックスコーヒー」に行ってみてはいかがでしょうか? また日本とは違う新たなスタバに出会えるかもしれません。今回は、各国のスタバの様子をご紹介します。

(1)シンガポール/セントーサ島

中心地から30分もかからず行けるシンガポールセントーサ島は、島全体がアミューズメントパークと称される観光スポット。USS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)、水族館、アドベンチャーパークなど、1日かかっても遊びつくせないほどたくさんの施設があります。
そこにこんなにおしゃれな店舗ができました。時期によってほうじ茶や緑茶風味のフレーバーが飲めることもあるそうなので、いつもとは一味違ったスタバが楽しめそうです。

(2)インドネシア/バリ島

Ubud Starbucks by TruShu, on Flickr

バリ島の“ウブド”という村にあるスタバ。空港からは少し離れた場所にありますが、近くにはウブド王宮やモンキーフォレストなど、バリ島でも有名な観光スポットがたくさんあるので、そのついでに寄ってみてはいかがでしょうか。この島の“伝統”に触れることができる地域にあるスタバなので、独特の雰囲気を肌で感じられそうです。

Marii Nishikawa 「ぶらりアジアひとり旅♡マレーシア、インドネシア part2」より

ここのスタバの中庭からは、こんなにきれいな景色を眺めることができます。写真の一番奥の場所では、バリ舞踊などが行われるそうです。蓮の花がたくさん咲きほこっていてキレイですね! 限定タンブラーはバリバージョンだけではなく、ウブドバージョンもあるので要チェックです!

(3)アメリカ/シアトル

Postcard Original by PunkJr, on Flickr

看板が茶色というのが最大の特徴である、シアトルのスタバ1号店。スタバ好きなら、一度は行っておきたい場所ではないでしょうか。ここから全世界に展開していったのかと考えると、思わずわくわくしてしまいそうです。

Shunsuke Nakayama 「シアトル旅行」より

1号店でしか買うことができない限定のタンブラーやマグカップを求める人が多く、店内はいつも大混雑しているとか! もはや観光地になっているようですね。ここの限定商品を日本で使っていたら友達にうらやましがられそうです。訪れた際にチェックしてみましょう。

(4)アメリカ/ハリウッド

Takato Ichiki 「スタバからサードウェーブ系まで LAカフェ巡り」より

映画の聖地、ハリウッド。その劇場を思わせるかのようなカーテンが特徴的なスタバです。少し俳優気取りをして、ここでいつもよりオシャレな飲み物を選んでみませんか。

(5)アメリカ/ニューヨーク

田島知華(たじはる) 「【大都会NYを一人旅】タイムズスクエアでひとりぼっちは意外とつらい?!」より

ニューヨークで歩き疲れたら、スタバを探してみるのもいいかもしれません。とにかくほっと一息つきたいときには、にぎやかな街並みにちょっと埋もれてしまいそうなお馴染の看板を探してみましょう。

お馴染のスタバで新たな発見

様々な異国の店舗をご紹介しましたが、気になるスタバはありましたか? 日本で見る同じ看板でも、店内に入ると違うメニューや限定品があって、新たな発見があるものです。いつもの顔を見せつつ、新たな顔も見せるスタバ。いつもと違う場所に行くからこそ気付ける新しい発見にワクワクできそうですね。

ロサンゼルスで過ごすなら、朝に行きたい現地のおすすめカフェ4選

(ライター:Yoko Fujie)

関連旅行記はこちら

*Haruka Tajima 「【必見!シンガポールの見所】世界一快適な空港に空中プールに美しい島!
*Marii Nishikawa 「ぶらりアジアひとり旅♡マレーシア、インドネシア part2
*Shunsuke Nakayama 「シアトル旅行

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP