ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サム・スミス「ステイ・ウィズ・ミー」に盗作騒ぎ、著作権料の12.5%を支払うことに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

来週の日曜日(2月8日)に開催される第57回のグラミー賞。先週異変が起きた。業界誌のヒッツやビルボードが伝えている。

今年の最注目アーティストはイギリス出身のサム・スミス。主要4部門全てにノミネートされている。問題は作詞作曲家に与えられる「最優秀楽曲賞」にノミネートされた「ステイ・ウィズ・ミー」。ロック・ミュージシャンのトム・ペティ側からクレームがついた。ジェフ・リン(エレクトリック・ライト・オーケストラ)と書いた1989年のヒット曲「アイ・ウォント・バック・ダウン」にそっくりだと。

普通、曲の盗作騒ぎは決着まで時間がかかる。有名なケースではジョージ・ハリソンの「マイ・スィート・ロード」がある。シフォンズという女性グループが歌って全米で1位になった「イカした彼(He’s So Fine)」だ。音楽出版社はジョージ・ハリソンを盗作で訴えた。裁判は10年間にもおよび、ジョージ・ハリソンが敗訴。約60万ドルもの賠償金を払う事になった。

「ステイ・ウィズ・ミー」を書いたのは、サムスミスとジェイムス・ネピアとウィリアム・フィリップス。サム・スミスの代理人は、「ライター達は『アイ・ウォント・バック・ダウン』を知らない。でも『アイ・ウォント・バック・ダウン』を聴かせたら似ているという認識だった」とコメントした。

グラミー賞事務局は、「サム・スミスと作家達が改ざんしたわけで、トム・ペティとジェフ・リンが新たにこの曲に何かをしたわけではない。よって『ステイ・ウィズ・ミー』が仮に受賞したとしても、2人は受賞者にはならない」とコメントした。「最優秀楽曲賞」の投票はこのもめ事が起こる前、1月16日に終了している。

大人の解決。トム・ペティとジェフ・リンはこの「ステイ・ウィズ・ミー」の作家にクレジットされ、音楽著作権料の12.5%を受け取る事になった。それにしてもイギリス出身のサム・スミスや作家達が、同じイギリス出身のジェフ・リンを知らぬ訳はないだろうし、「アイ・ウォント・バック・ダウン」の宣伝用音楽ビデオには、ジェフ・リンに加えジョージ・ハリソンとリンゴ・スターが参加している。サム・スミスの生まれる(1992年)3年前のヒット曲とは言え、無理を通すのは難しいと判断したのだろう。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP