ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マイケルやエルトンが使用したスタジオから500アイテム出品

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マイケルやエルトンが使用したスタジオから500アイテム出品

 1月24日に開催されたオークションにて、有名なレコーディング・スタジオから500点近いアイテムが出品された。

 コロラド州ネダーランド近くにある納屋を改造したスタジオ“Caribou Ranch”は、マイケル・ジャクソンやエルトン・ジョンなどのスター達が、レコーディングをしたり、ネイティブ・アメリカンの酋長たちの名が付けられたキャビンでくつろいだ場所だ。

 出品アイテムで特に注目されたのは、エルトン・ジョンが使ったスタインウェイ・アンド・サンズ製のアンティークなマホガニー・グランドピアノと、シカゴのメンバー、テリー・キャスが使っていたとされるギブソンのベースギターだったそうだ。どれぐらいの値が付いたのか推測できないという。

 デンバー・ポスト紙の報道によると、プロデューサーのジェームス・ガルシオが1970年代に牧場を同レコーディング・スタジオに変えたとのこと。1985年には火災があり、コントロールルームが損傷したそうだ。

 1,600エーカー(約647万平米)の牧場は昨年売却され、オークションの準備をしていた。

関連記事リンク(外部サイト)

サム・スミス 「ステイ・ウィズ・ミー」がチャートイン7週目にして、遂にビルボード洋楽チャート1位に
世界的韓国ブームでK-POPスターの収入急増
レニー・クラヴィッツが【第21回全米映画俳優組合賞】のプレゼンターに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。