体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボブ・ディラン、『AARP(全米退職者協会) ザ・マガジン』で新作について語る

ボブ・ディランが36作目のスタジオアルバム『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』の発売(2月4日)に先駆け、米国最大の定期刊行物『AARP(全米退職者協会) ザ・マガジン』のインタビューに答えた。

アルバム『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』 (okmusic UP's)

AARPとは、以前は「American Association of Retired Person」(全米退職者協会)と呼ばれていた、会員4000万人、50歳以上の人なら誰でも会員になることができる全米最大の“非営利団体”。その定期刊行物でもある『AARP ザ・マガジン』は米国最大の発行部数を誇っている。

ボブ・ディランがインタビューに答えるのは約3年ぶりのこと。合計1万5000字にわたるインタビューの中では、新作のレコーディングの裏話、フランク・シナトラからアーヴィング・バーリンまで多岐にわたるアーティストたちへの思い、そしてアメリカのバラードの名曲をレコーディングアーティストとしての人生におけるこの時期に解釈しようと決めたことについてなどを語った。ジャック・フロスト(ボブ・ディラン)がプロデュースを手がけた『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』は、2012年に世界的ヒットを博した『テンペスト』以来、ボブ・ディランが放つ新しい音楽となる。インタビューのハイライトは以下のとおり。

【フランク・シナトラの影響やアーヴィング・バーリンについて】
・フランク・シナトラの偉大さについて:
「…彼がいなくなったことなんてなかった。わたしたちがここに残るはずだと思っていたものは、実際には消え去ってしまったけどね。でも彼がそうなったことはない」

・フランク・シナトラがもしこのアルバムを聴いたら:
「まず、これらの曲を我々が5人編成のバンドでやったってことに驚くと思うよ。ある意味誇りに思ってくれるんじゃないかな」

・アーヴィング・バーリンについて(アメリカを代表する偉大な音楽家。代表作は「ホワイト・クリスマス」「ゴッド・ブレス・アメリカ」など。今作では「ホワットル・アイ・ドゥ」が彼の作品)
「何から何までやった男というのを僕はひとりだけ知っている。それがアーヴィン・バーリンだった。彼はメロディも歌詞も書いたんだ。あの男は全くの天才だったね。というか、彼はとにかく留まるところなく才能を与えられ続けていたんだ。…」

【音楽とレコーディングについて】
・音楽を生演奏で録音することについて:
「これらの曲は僕にとってたったひとつの方法でしか録音できないものなんだ。それはごく少ない数のマイクを使って、フロアで生演奏することだった。ヘッドホンもオーバーダブもヴォーカル・ブースも、個別のトラッキングもない。昔ながらのやり方だっていうのは分かっているけど、わたしにとっては、こういう曲をやるのにうまくいく唯一の方法なんだ。ヴォーカル的には、マイクから6インチ(約15cm)くらいしか離れていないところで歌ったような気がする」

【カルチャーとミュージックビジネスについて】
・若者たちが’40年代や’50年代の曲を“corny”(陳腐)だと思うかどうかについて:
「これらの曲は受け入れるにしろ拒むにしろ、少なくとも素晴らしい美徳を持った曲なんだ。これらの曲はそういうものだ。それらが古臭く陳腐に聞こえるのであれば、それについてはそれだけだね。でも今日、人々の生活は、あらゆる悪徳やその罠に満ちている。野心、貪欲さ、身勝手さはみな悪徳と関係があることを、遅かれ早かれ見抜かなければならない。さもないと生き延びることはないからね。…悪徳が破滅させる人々のことは見えない。わたしたちはその華やかな部分を毎日見ているに過ぎないんだ。ビルボードの広告から映画、新聞、雑誌まで、わたしたちが見るところすべてにね。わたしたちはあちこちに人生の破滅とその嘲りを見ている。これらの曲はああいうものとは程遠い。ロマンスは永遠に廃れることがない、急進的なものなんだ。今のメディア・カルチャーからは外れているかも知れないけど…」

・アメリカにおける大企業の影響力について:
「この国は大企業に乗っ取られてしまった。レコーディング・スタジオの中でもね。大陸の端から端まで見ても、みんな同じ服を着て、同じことを考えて、同じものを食べている。何もかもが加工されてしまっているんだ」

【本人の人生と時代について】
・1966年の隠遁生活の時期が、子供たちを守るためだったかどうかについて:
「全くその通りだよ。芸術を諦めてそうしたんだ…」「確かにそうしたよ。そうしなければならなくなったのは辛かったね。でもそれ以外選択肢がなかったんだ」

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会