ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナログレコードの良さを引き出すシンプル構成の真空管プリアンプキット2月発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子工作キット「エレキット」の企画・開発・製造を行う、イーケイジャパンは、アナログレコードを再生するために必要なフォノイコライザーアンプを搭載し「真空管プリアンプキット[TU-8500]」を2月20日に発売する。価格は45,000円+税。

アナログレコードに郷愁を感じるシニア層に加え、その時代を知らない若い世代にもレコードの持つ音の良さを再評価する動きが高まっている。それを反映するかのように、レコードプレーヤーに接続できる真空管プリアンプを求める声が弊社に多く寄せられるようになり、そのご要望にお応えするため、レコードを再生するのに必要なフォノイコライザーアンプを搭載した真空管プリアンプを発売することとなった。レコードの持つ音の良さを引き出す真空管アンプで、幅広い世代に豊かな音楽の楽しみ方を提案する。

商品情報
真空管プリアンプキット
TU-8500 45,000円+税

本機の特徴
・フォノイコライザーアンプを搭載しており、アナログプレーヤーを接続することでレコード再生が可能
 イコライザーアンプは音質を重視したCR型を採用 カートリッジはMM型/MC型どちらにも対応
・イコライザーアンプ部はローノイズ選別品のOPアンプを採用(ソケット式で他のOPアンプに交換も可能)
・フラットアンプ部は真空管12AU7(ECC82)を使用し、利得は約3倍と1倍の切り替えが可能
・電源には低漏洩磁束のRコアトランス、B電源にはFETリップルフィルターを採用
 また真空管を直流点灯することによりハムノイズを徹底的に抑えています
・カップリングコンデンサは大型のものに交換ができるようスペースを確保
・サイズ、デザインは弊社のパワーアンプ「6L6GCシングル真空管アンプキット[TU-8200]」にベストマッチ
・電源は、海外でも対応できるよう、4つの電源電圧帯に対応可能な電源トランスを装備(組み立て時に選択)

TU-8500の仕様
・使用真空管等 12AU7(ECC82)×2本、OP-AMP:NJM2068DD×2本
・入力端子 RCAジャック4系統(PHONO、LINE1~3)
 3.5mmステレオジャック1系統(LINE3の優先入力)×1
・出力端子 RCAジャック1系統(PRE OUT)
・電源電圧 AC100V 50/60Hz IEC規格3Pインレット式
 ※組み立て時に115V, 200V, 230V仕様に変更可能
・定格消費電力 8W
・本体寸法 W252×H73×D270mm(突起部含む)
・本体重量約 3.1kg(完成時、電源コード含まず)
フラットアンプ部
・利得 3.1倍(9.8dB)/1.15倍(1.2dB)
・周波数特性(-3dB)2Hz~70kHz/2Hz~280kHz
・SN比(IHF-A)122dB/129dB
・最大出力電圧 22Vrms(1kHz)
イコライザーアンプ部
・対応カートリッジ MM(LOW)/MC(HIGH)背面スイッチにより切り替え
・利得(1kHz)[MM]37dB/[MC]63dB
・SN比(IHF-A)[MM]108dB/[MC]88dB
・入力抵抗 [MM]50kΩ/[MC]100Ω
・最大出力電圧 7.4Vrms(1kHz)

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。