ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

既成概念を覆す! スマホを使って目を良くするアプリがすごい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般的に、PCやスマートフォンなどの画面からさまざまな光が放射され、目に対する負担が少なくない。特にブルーライトは負担が大きいとされるが、PCやスマートフォンに限らず、読書やテレビ観賞など、ある状況下で目を酷使することは概して目に影響を与えかねない。

視力低下に関する悩みは多くの人が抱いているが、かといって視力回復のためにPCや、スマートフォンを使わないというわけにもいかない。

そこで、視力を回復するという趣旨のもとに開発されたアプリが「視力ケア アイトレ3D」だ。視力回復トレーニングに、ゲーム感覚で取り組むことができる。

このアプリでは、「ステレオグラム(立体視画像)」というものを使用する。いわゆる”飛び出す画像”というやつだ。画像のほかに、ユーザーを飽きさせないための3D動画も用意されている。これらの画像、動画を「平行法」および「交差法」という見方によって眺めると、日常生活ではあまり使用しない目の筋肉の筋トレが行える。このとき鍛えられる目の筋肉は、主に焦点を合わせたりするときに活躍するもので、これらのトレーニングを通して視力が回復されるという。

「視力ケア アイトレ3D」は、「視力検査モード」も搭載。画面を目から50センチ離れた距離に置いて、眼科で測る例の視力検査の要領で「上……、左……」という具合にフリック入力していけば、いつでもどこでも視力を測定することができる。その時点での自分の視力を目安に、トレーニング効果を実感できるのもポイントだ。

auスマートパス会員なら無料でダウンロードできるので、一度試してみてはいかがだろうか。

関連リンク(外部サイト)

視力ケア アイトレ3D/auスマートパス

関連記事リンク(外部サイト)

「ご当地ねこ」って何? 現代人に必須の超癒やしアプリが”気持ちいい!”
エクササイズ好きは注目! なんと心拍数を測定してくれるイヤホンが登場
使い方いろいろ! PC・スマホの両方に使えるコンパクトキーボードがイケてる!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP