ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AndroidゲームアプリのARPUがこの1年間でiOSアプリに近づく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイルアプリ市場において、Android アプリはその数では既に Apple のiOS アプリを抜いているものの、全体の収益率では iOS アプリの方が高いこともあり、これまで、「Android アプリは薄利で稼げない」との見方も多かった中、イスラエルのゲームマーケティング企業 DAU-UP が公開したゲームアプリに関する調査結果によると、この 1 年間で Android アプリは収益率で iOS アプリとの差をかなり詰めていることが判明しました。同社は、携帯事業者の ARPU(加入者一人あたりの月間売上高)に相当する LTV(アプリあたりの有料ダウンロード、アプリ内購入、広告収入などによる生涯収入)の平均値をグラフで示し、2014 年 1 月には 20% 台だった iOS に対する Android アプリの LTV 値が 2014 年 12 月には 60% 弱にまで詰まっています。グラフで 100% になると iOS アプリと同額になることを示すので、まだ iOS と Android には差があるものの、このペースを維持すると、今年末には並ぶ可能性が出てきます。つまり、今年で iOS を抜いくのなら、2016 年のゲーム分野は Android アプリが名実ともに最も魅力的になると言えるようになると思います。Source : DAU-UPGame Industry


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、YouTubeでHTML5動画プレイヤーをデフォルト化
Huawei、2014年は7,500万台のスマートフォンを販売
XiaomiのCEOがRedmi 2の2GB RAM + 16GB ROMモデルの発売を表明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP