ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関根勤、勝俣州和ら欽ちゃんファミリーが今も売れ続ける理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月12日に放送された『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)が、視聴率14%(関東地区。ビデオリサーチ調べ)を獲得。同時間帯に放映されたテレビ朝日の『お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺』の3時間スペシャル、フジテレビ『痛快TVスカッとジャパン』の2時間スペシャルを抑え、民放同時間帯1位に輝いた。放送開始から35年経った長寿番組の底力を見せつけた。

 1980年代前半、萩本欽一は視聴率30%台を連発。冠番組の1週間の数字を合計し、『視聴率100%男』の異名を取っていた。1990年代になると冠番組はなくなったが、自身が司会を続ける『仮装大賞』は今も視聴率を獲り続けている。それだけではない。自身は一線から退いてしまったが、当時番組で鍛え上げた“欽ちゃんファミリー”は今もバラエティ番組の主軸として活躍している。テレビ局関係者が話す。

「関根勤や勝俣州和など、欽ちゃんの薫陶を受けたタレントは、さんま、タモリ、ダウンタウンなど、どんなタレントにでも合わせられるし、『組みやすい』と言われる。番組のバイプレーヤーとして欠かせない存在です。欽ちゃんの厳しさを現す言葉のひとつに、『聞いちゃダメ』という名言があります。話を振られたあと、間を空けず、すぐ答えなければならないという意味。現代のトークバラエティに必須の瞬発力を、欽ちゃんに鍛えられたわけです」

 30年経っても、欽ちゃんファミリーが生き残っている理由は何か。ベテラン芸能記者は、こう分析する。

「欽ちゃん番組の稽古は、ものすごく長かった。数日前に何時間も、当日にも何時間も稽古して、本番に臨む。終わったらすぐに反省会や翌週の稽古が待っている。

 今のテレビ番組は、タレントがスタッフと軽く打ち合わせをし、本番に臨む。タレント同士がリハーサルに立ち会うこともまずありません。収録で新鮮さを出すためです。長丁場の稽古をするバラエティ番組は、まずないですね。時代の流れもあるし、どちらがいいかとは言えません。

 ただ、欽ちゃんが稽古通りに本番をやるかと言えば、そうではありませんでした。本番で台本にないアドリブを突然飛ばして、演者を混乱させ、笑いを生んでいました。これでは、長時間の稽古が無駄に思えます。しかし、その稽古で、芸人たちは悩み、苦しみ、必死で考え抜いてきた。効率ばかりを追求するのではなく、一見無駄に思える異常なほどの稽古に耐えた。そのため、今も一線で活躍し続けられるのでしょう」

 芸人の地力を鍛える基礎的な「芸」が過去の厳しい訓練で培われたということか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
萩本欽一「丁寧な番組作りはいかりや長介から学んだもの」
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も
松本人志を評価する萩本欽一 今好きな芸人はTKO木本武宏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP