ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

茅場町のサラリーマンに長年愛され続ける3種類の絶品オムライスの店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月23日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、毎週金曜午後7時56分)では「老舗のこだわり 秘伝の味」と題して、お笑いタレントの石塚英彦さんとアナウンサーの安住紳一郎さんが「津々井」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は昭和25年創業、茅場町のサラリーマンの憩いの場所として長年愛されている老舗洋食店だ。名物は3種類のオムライスで「ハムオムライス」、「トロトロオムライス(ハム)」、「オムハヤシ」だ。2人は3種類のオムライスを注文。オリジナルの「トロトロオムライス」には、フレッシュトマトと淡路島産タマネギを使いシェリー酒を隠し味にした酸味のあるソースと、高濃度の生クリームにバターとシェリー酒を加えたソースが添えられる。

 まず「トロトロオムライス」を食した石塚さんは「まいう~。これすごい、時代が来た」と称した。続いてトマトソースを付けて食した石塚さんは「フレッシュまいう~。このソース、太いストローで飲めますよ」と感嘆した。最後に濃厚ソースで食した安住さんが「チーズをかけたまろやかさですね。石塚さんのようにハイカロリーが好きな人はこっちのソースですね」と語り、3種類のオムライスを堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:津々井(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:茅場町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:茅場町×洋食・西洋料理のお店一覧
武井壮のイチオシ料理! ボリューム満点の「オリジナルライス」
武井壮が下積み時代を思い出す懐かしの味「グリルチキンとゴルゴンゾーラ」を堪能

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP