ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホの容量不足対策に!マイクロSDカードスロット付きのケース「ExoDrive」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンのストレージ容量は大きくなる傾向にあるが、その分アプリやカメラも高機能になって容量を使う。また、使いたいアプリを手当たり次第にダウンロードしたり、写真や動画を数多く撮ったりするとあっという間に容量不足に陥ってしまう。

そこで活躍するのが、外部のメモリ。資金調達サイトKickstarterにこのほど登場した「ExoDrive」は、マイクロSDカードとスマホを一体化させるケースで、スマホのデータをマイクロSDカードにラクラク移動させられるというものだ。

・カードのデータも同時にPCに

ケースにはマイクロSDカードのスロットがあり、そこにカードをセットしてから、ケースのコネクタ部分にスマホをさしこむと、マイクロSDカードがスマホに認識される。

なので、動画などデータが大きなものをマイクロSDカードに落とせば、スマホの容量に余裕を持たせられる。

このケースの気が利いているところは、ケースをつけたままでも充電ケーブルが差し込めること。そして、ケースにはスイッチングハブシステムが採用され、PCにつなげばスマホ、マイクロSDカードどちらのデータも読み込まれるようになっていることだろう。

・iPhone用開発も視野

ケースそのものは非常にシンプルなつくりで、現在、Kickstarterでは35オーストラリアドル(約3200円)の出資で入手できる。対応機種はNexus やGalaxy、HTC、Motoなど。資金調達が目標額に達したらiPhone用も手がける予定だ。

キャンペーンは2月18日まで、発送は5月を予定している。

ExoDrive/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP