ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家電やたばこの海外ブランド 視点を変え多様化対応でヒット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 消費者が日本メーカーを無条件に選んでいたのは過去のこと。最近では、”黒船”ブランドが日本市場を席巻している。累計40万台売れている調理家電フィリップス ノンフライヤーや、国内累計販売100万台を超えるダイソンのサイクロン掃除機はすっかりおなじみだ。海外メーカーも日本向けの新製品を続々と投入している。家電だけでなく、製品数が増え続けている外国産たばこなど、海外ブランドが絶好調だ。黒船ブランドは、なぜ強いのか。

「実はノンフライヤーは技術的にはとてもシンプル。日本のメーカーもテストはしていたのですが、食材がこんがり揚がらないなどの欠点があり、そこを割り切れなかったそうです。

 また、日本の掃除機は吸引力の強さばかりを競ってきましたが、ダイソンは”吸引力が落ちない”という別の視点で勝負した。高くても買う価値のある商品が日本市場で評価されました」(家電ジャーナリスト・奈良巧氏)

 黒船ブランドとして昔から日本に根付いているものといえば”たばこ”だ。外国たばこの代名詞ともいえる『ラーク』が、新しいカプセル入りスーパースリムたばこを日本市場に打ち出した。

「日本市場は約25%がメンソールで、欧米に比べて格段に割合が高い。この製品は、カプセルをつぶすとひとつはレギュラーからメンソールに、もうひとつはメンソールから氷冷ミントになるという、ふたつの味を楽しめる日本ならではのもの。多様化するニーズに応えるために日本の成人喫煙者に合う味わいの製品を次々と生み出した結果、『ラーク』は現在30種類以上になりました」(フィリップモリスジャパン王琳琳氏)。

 また、同社の山田雅之氏はこう続ける。

「スーパースリムにカプセルを入れるという日本初の試みにチャレンジしました。実はスーパースリムたばこ市場が拡大していて、『ラーク』のターゲット層となる40代以上の男性成人喫煙者にも支持されているんです」

 スーパースリムとは、直径5ミリ程度の極細な紙巻きたばこのこと。2012年2月時点での愛好者は成人喫煙者の1.24%だったのが、2014年4月には3.10%に急伸している(フィリップモリスジャパン調べ)。スーパースリムたばこ市場が生まれ、拡大している。

 グローバル企業は、素早い経営判断で新たな商品企画をどんどん打ち出している。視点を変え、多様化に対応してヒットを生む。石橋を叩いて壊してしまうような日本的発想は転換の時、といえそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
6割税金のたばこ 意外と知られていない国と地方ダブルの税
たばこ店店主 増税で大量まとめ買いした人に保存方法を伝授
煙管で楽しむ「刻みたばこ」が紙巻きの3倍吸えると大人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP