ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーティ・フリードマン 「音楽好きにとって日本は世界一」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界的ロックバンドの元ギタリストでアメリカ人のマーティ・フリードマン氏は、「日本の演歌を聞いたら鳥肌が立ち、なにか物語を観たように泣けてきた」と語る。だが、同氏が魅せられた日本の音楽は演歌だけではない。

 * * *
 演歌だけでなく、僕は日本の音楽全般が好きなんだよね。日本に来るようになって、日本という国と同時にJ・POPにハマった。そのうちに聴く音楽がすべてJ・POPになってしまい、それなら日本に住むのが一番だと。

 いま日本に住んでいる理由は100%J・POPです。J・POPを聴き、演奏し、その世界に入りたかった。本当にそれがすべてなんです。

 B’zから、つんくさんや小室(哲哉)さん関連などなんでも聴きました。

 日本の歌謡曲はメロディを大事にしている。実は洋楽ってメロディがそんなにしっかりしておらず、美しくないんです。日本の音楽はメリハリがあって、その旋律は時に鳥肌が立つほど。

 最近は特にアイドルグループがおもしろいですね。日本のような、ポジティブでアグレッシブでなにより「元気をもらえる」曲は洋楽にはない。

 音楽の形容で「元気をもらえる」という言葉は、英語では表現できないんですよ。音楽が好きなら日本という国は世界一だね。だから僕はここにいるんです。

●取材・構成/大木信景(HEW)

※SAPIO2015年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
美人演歌歌手・丘みどり 幼い頃に鳥羽一郎コンサートに感動
韓国人 田沢湖は韓国人が掘ったと主張も田沢湖は大昔から存在
米出身能楽師 「日本の教育で古典音楽や芸能を取り上げて」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP