ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豪華P陣総出演! 最新ゲーム情報盛りだくさんの『876TV』12月放送分を振り返りレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


12月の『876TV(バンナムティービー)』はご覧いただけただろうか。この番組はバンダイナムコゲームスさんのゲーム情報&実況番組で、毎回素敵なゲストを招く超豪華な番組だ。今月は10日と16日と2回にわたって『ジャンプフェスタ2015』出展タイトルを総力特集してきた。最新ゲーム情報や白熱のゲーム実況、プロデューサー陣による貴重なトークなど様々なコーナーで盛り上がった12月の『876TV』を振り返ったのがこの記事だ。

12月10日放送

白熱のプレゼンバトル! アベーヌのTea Timeに豪華プロデューサー陣が登場!


この日最初の『アベーヌのTea Time』には3DS『黒子のバスケ 未来へのキズナ』、PS Vita『デジモンストーリー サイバースルゥース』、3DS『ワンピース 超グランドバトル!X』が登場、最新情報のプレゼンバトルが行われた。プレゼンの順番は何故か“ぐるぐるバット”で勝負!各プロデューサーの皆様には(ぶっちゃけ全く必要の無い)体を張って貰うことで意気込みを伝えて頂いた。中村ティーチさん、百花繚乱さん、そしてアグモンの3人で競い合った結果、順位は、中村ティーチさん、百花繚乱さん、アグモンの順でゴールイン。この順番でプレゼンが行われた。

■3DS『ワンピース 超グランドバトル!X』
好評発売中の『ワンピース 超グランドバトル!X』からは、中村ティーチさんとペローミナさんが登場。ジャンプフェスタ2015にてゲーム大会が開催されることが発表された。ゴールして間もない状態であった中村ティーチさんは、非常につらそうな表情を浮かべながらも見事プレゼンをやり遂げる様子は心を打つものがきっとあった筈だ。

■3DS『黒子のバスケ 未来へのキズナ』

黒子テツヤのコスプレをした百花繚乱さんがプレゼンに挑戦。キャラクターを自由自在に操作できるバスケアクションや黒子たちを使って街を自由に歩き回れるという情報が発表された。『黒子のバスケ』ファン待望のゲームだといえるだろう。

■PS Vita『デジモンストーリー サイバースルゥース』

トリを飾ったのはアグモン&主人公さんのコンビ。『デジモン』発売当時のファンに向けた、大人向けのゲームとなってパワーアップ。共に「冒険」し「育成」、強敵と「バトル」する、当時の興奮を思い出させるようなゲームに豪華クリエイター陣も参戦している。

本日1本目のゲーム実況は3DS『ワンピース 超グランドバトル!X』。キヨさん、レトルトさん、繚乱さんが前回放送のセーブデータを続きからプレイした。ナミとウソップを仲間にした3人は、次のステージへと進んだ。プレイの勘を取り戻しつつ進めていくと、大物ローが登場! 対決待ったなしの状況となったがここで終了のお時間。気になる続きは是非ご自身でプレイをし、体験して頂きたい。

■3DS『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2』
ここでTeaTimeの2回目がスタート。同じくプレゼンバトルとなるが、順位決めは「ハイスコア対決!足ツボシートの上で、体に付けた歩数計の数を刻め!」という先ほどを上回る地味なくせに無駄に痛いゲームで順位を決めた。その結果、まずはジャンプフェスタ2015ではゲーム大会が開催された『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2』をツーデルさんとグレートツヅキくんがプレゼンしてくれた。

■3DS『暗殺教室 殺せんせー大包囲網!』

暗殺教室は中村Pが新作情報をドドンと紹介。3DSでも殺せんせーと勝負することができるぞ。スマートフォンアプリも登場。いまなら事前登録で奇襲攻撃の赤羽業がもらえるチャンス。アプリ版は2015年に配信予定。

■PS4/PS3/XboxONE/Xbox360『ドラゴンボール ゼノバース』

最新ハードのPS4、Xbox Oneでも展開のハイクオリティの『ドラゴンボール ゼノバース』。世界を改変するというゲームオリジナルキャラクターが登場する世界を舞台に繰り広げる物語。自分だけの戦士を作って『ドラゴンボール』の世界を救おう。また、オンラインで“天下一武道会”も開催も予定されており『ドラゴンボール』の世界が存分に楽しめるゲームとなりそうだ。発売日は2015年2月5日予定。豪華な予約特典もあるので乞うご期待!

■iOS/Android『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』
最後は事前準備受付中のスマホゲーム『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』をミスターセタンさんからご紹介。このゲームは、『ドラゴンボール』に登場する様々な場所を巡って強敵とバトルするゲームだ。バトル画面をタッチすることで超スピード、ド迫力のバトルを楽しむことが出来る。事前登録を行うとゲーム内で使えるトランクスが手に入る。

繚乱『ゴジラ』に再び大興奮! みんなで遊べるパーティゲームも実況!


■PS3『ゴジラ -GODZILLA-』
2本目のゲームはPS3『ゴジラ -GODZILLA-』。前回の放送でも既に大興奮だったゴジラ大好きな百花繚乱さんだが、今回は実際にプレイ出来るとあって興奮を隠し切れない様子だ。豊富な怪獣知識を披露しつつ、普段は一番騒がしいキヨさんにまで「うるさい」と言われるほどの盛り上がりっぷり。ゴジラの目線でプレイするため1歩1歩の重量感や街を破壊する爽快感がたまらない。怪獣図鑑やジオラマモードもあり、怪獣を愛でたい人にもオススメのゲームだ。

■Wii『GO VACATION ゴーバケーション』

最後は記者(ひげおやじ)も参戦してWiiのパーティゲーム『GO VACATION ゴーバケーション』をプレイ。海辺でのボートレースや雪山での雪合戦など、様々なシーンのスポーツで競いあったり協力したりするゲームだ。元テニス部のレトルトさんがテニスゲームに弱かったり、道民のキヨさんが雪合戦に弱かったり、かと思えばバンジージャンプで記録的なスコアをたたき出したり……それぞれ得意、不得意なゲームもありつつみんなでワイワイとバケーションを楽しんだぞ。

12月16日放送

豪華プロデューサー陣による特別座談会開催!


前回のゲームバトルとは打って変わって、16日の放送ではプロデューサーたちによる座談会をお届け。まるで修学旅行の男子部屋のような雰囲気の中テンションヒートアップしていた。
登場したのは『Vジャンプ』編集部 ビクトリー・ウチダ氏、鈴木氏、PS4/PS Vita『GOD EATER 2 RAGE BURST』富澤プロデューサー、PS4/PS3/PS Vita『ワンピース 海賊無双3』中島プロデューサー、PS4『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』戸井田プロデューサー、さらにサイバーコネクトツーの松山さんも緊急参戦という豪華メンバーが勢揃いした。

座談会に参加しているプロデューサー陣が登場した『アベーヌのTea Time』では、前回に引き続き最新ゲーム情報が解禁。人気シリーズの続編PS4/PS Vita『GOD EATER 2 RAGE BURST』や、アニメさながらのグラフィックを誇るPS4『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』など、すぐにでもプレイしてみたいゲームが続々紹介された。

そして注目のプロデューサー座談会では、プロデューサーの素顔に迫る質問タイムや、プロデューサーから視聴者へのアンケートなどが行われた。人気ゲームを作っているプロデューサーの趣味や、日常がちょっと垣間見えて親近感が沸いた人も多いのではないだろうか。

今年一年を振り返る、そしてサプライズで彼らも!?

座談会後には「今年一年をちょっぴり振り返る」と銘打って、過去に行われた876TVを振り返り上映。『CV ~キャスティングボイス~』と、M.S.S ProjectのFB777さん、ガッチマンさんも参戦しての『ファミリートレーナー』を再放映させて頂いた。更にエンディングにはレギュラーかつ今回はお休みの筈のレトルトさん、キヨさんも登場!皆で来年の抱負を語りつつ、本年最後の876TVは終了となった。

876TVとは?

インターネットで活躍するゲーム実況者のキヨ(最終兵器俺達)さん、レトルトさん、そしてネットタレントの百花繚乱さんによるゲーム情報&実況番組が『876TV』だ。だいたい(←ここポイント)月に1度、ニコニコ生放送にて配信され、過去には声優の中村繪里子さん、原由実さんが出演し、更には東京ゲームショウ2014の会場からも出張版が配信された。引き続き、だいたい(←ここポイント)月に1度のペースで生放送を行っていく予定となっている。

次回1月の876TVは?

12月は『ジャンプフェスタ2015』総力特集であった876TV。来月もまたゲーム最新情報や、人気ゲーム実況者による実況も行われる予定だ。放送日は1月28日(水)でゲストには先の振り返りでも登場したM.S.S ProjectのFB777さん、ガッチマンさんが出演!詳細はまだまだ言えないが、2015年最初の876TVもお見逃しなく!

レトルト・キヨ・繚乱のゲーム実況 876TV 2015
http://live.nicovideo.jp/watch/lv203563457

ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP