ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モノトーンコーデ×1点カラー盛りで、洗練女子に♡【季節感ある寒色編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


誰もが簡単にトライできるモノトーンスタイルに、1色だけどこかにカラーものを取り入れるだけで、たちまち洗練されたおしゃれに見せることができちゃいます。
寒色系カラーと暖色系カラーに分けて、そのおしゃれ術をご紹介。今回は、今の季節的にぴったりな、寒色系カラーです。

色っぽ系を狙うなら、断然パープル


5G柄畦ショートプルオーバー(トランテ アン ソン ドゥ モード)、リボン付ブーティー(マジェスティックレゴン)
パープルをどこかに1点投入すると、上品な女性らしさを演出することができます。パープルは、ピンクがかった淡い色味だと、肌なじみもよくおすすめです。
トップスにもってくると、顔まわりも明るくしてくれるので自然と明るい表情に。

上質感あるブルーで、一歩先ゆく大人のおしゃれを

カットフレアー ミモレ丈 スカート(レイビームス)、レオパードヘアカーフパンプス(ジュゼッペ ザノッテイ デザイン)
今年注目なのが、ロイヤルブルー。オフィスにだってOKのきちんとさはキープしつつ、どこかトレンドっぽい印象に。長め丈のフレアスカートなんて、今っぽくて使えるアイテムです。
オールブラックと合わせると、さらにトレンド感がアップします。

グリーンは小物に取りいれるのがワザ

ダブルフラップクラッチバッグ(トランテ アン ソン ドゥ モード)、ベロアリボンヘアゴム(カージュ)
深みのあるモスグリーンは、小物で取り入れるとおしゃれ度がアップ。とくにバッグを選ぶときは、黒や茶色、赤などを選びかちですが、グリーンのバッグなら唯一感がグンと高まります。
パールアクセと合わせて、さらにクラス感のあるスタイルにしても◎。
次回は、これからの季節に着たくなる色、ピンク・黄色 ・オレンジの1点盛りコーデをご紹介します。
協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』 


(グリッティ)記事関連リンク
デザインにきゅん♡ 楽してカワイイがかなう注目シューズ
おうち時間をかわいく♡ おしゃれルームウエアが美への近道らしい
覚えておくと使える! ゴールドアクセとシルバーアクセの使いわけ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。