ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラオケの曲選びの悩みを解消する無料アプリ「Karalog~カラログ~」を使ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

カラオケに行った時、何を歌おうか悩んだことはないだろうか?友達とのカラオケならいつもの曲をサッサと入れられるが、職場の飲み会の帰りに60才台の上司と一緒・・・となると、カラオケの場にも選曲のマナーが必要で困りどころだ。

そんなカラオケの曲選びの悩みを解消するという、無料アプリ「Karalog~カラログ~」を使ってみた。

まずは、「Karalog~カラログ~」WEBサイトからダウンロード。このアプリはiPhone とAndroid、どちらにも対応している。

ダウンロード後の設定ページで、まずユーザーの性別を入力する。選択した性別によってサーチされるアーティストの性別がそれぞれ変わってくるので、女性アイドルの曲も男性シンガーの曲も歌いたい人は「指定しない」を選択しよう。

 

 

トップページに入ると、バースデーパーティーに最適な「誕生日歌」、宴会や合コンに欠かせない「盛り上げる鉄板ソング」、上司とのコミュニケーションが深まる「40~60歳代の上司にウケるベストソング」など、様々なカラオケのシーン・シチュエーションに最適なおすすめ曲をカテゴリー別に紹介されている。

特に1曲目を誰が何を歌うのかで、その後2時間のムードが変わってくるので、暇な時に好きな曲のリストを作っておくと、大勢で食事をした勢いで「カラオケに行こうかー!?」となっても、慌てずに済む。

 

それぞれの曲は、YoutubeやVimeoにリンクされており、オフィシャルビデオやライブの映像から振り付けも確認できるようになっている。アイドルの鉄板曲を歌いたいときは役に立つ。

得意な曲や歌える曲を選んでオリジナルカテゴリー「My Number」に登録しておけば、急なカラオケや、カラオケの残り時間が少ない時にも時間を無駄にせず、スマートに選曲することができる。

難点といえば、細かいジャンル分けの割には1ジャンル平均60曲ほどのリストしかされておらず、同じアーティストが別のジャンルにかぶっていることも多いので、選択肢が少ない印象は否めない。

これは、自分で「楽曲登録」機能を使って新しく曲を追加することで解消できるが、アプリ自体の使いやすさを考えると曲の選択肢を増やしてもらいたいところ。

また、無料アプリの宿命で広告が多いのも玉にキズ。有料化して広告を止め、曲数とアーティスト数が増えれば、もっと使いやすいアプリになるだろう。

しかし、無料でパッとその場でノリの良い1曲目が選べたり、カラオケに参加した人の年代や雰囲気にあった歌のリストから選曲できる便利さは、嬉しい。

「Karalog~カラログ~」AppStore

「Karalog~カラログ~」GooglePlay

「Karalog~カラログ~」WEBサイト

  (Writer: Saera Jin)

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP