体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寒くても体はほっこり!今すぐ行きたい、さっぽろ雪まつりの「バカルディ ホットモヒートバー」

ここ数年、人気急上昇のカクテル、モヒート。ミントとライムのさわやかな飲み心地から、暑い季節の定番と思われがちだが、実は「ホットモヒート」も大人気。ホットカクテルのブームを盛り上げる、冬の新定番カクテルとなっている。

このたび、世界No.1ラムとしてバーテンダーから絶大な信頼を得ているバカルディが、第66回さっぽろ雪まつり(2月5日~2月11日)に「バカルディ ホットモヒートバー」を出展。

会場となるのは、道内各地の味覚が集結する「北海道 食の広場」。その出店場所にふさわしく、釧路産ショウガを使用した「バカルディ ホットジンジャー モヒート」や、紋別産のハマナスを使用したピンクの色が鮮やかな「バカルディ ハマナス モヒート」、バカルディ ラムと道産の濃厚なミルクを使用した「バカルディ ホットカフェオレ」など、北海道産の食材を使用した、ひと味違うラインナップがずらりと並ぶ。

純白の雪が織り成すアートを眺めながら、美味しいモヒートでほっこり。会社を休んででも飛んでいきたい!と願う人も多いのでは?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。