ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ和アイテムの極み! 西陣織のiPad用ケースが斬新すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファッションアイテムにも、デジタルアクセサリーにも、「和テイスト」と呼ぶべきジャンルがある。西洋の横文字アイテムに、日本ならではの和のテイストが追加されたもので、ヘビーな愛好家からライトなユーザーまで、幅広く人気を集めるアイテム群だ。過去に比べて格段に利用される機会の増えた各種デジタルアクセサリーも、元が横文字アイテムなだけに、そこに和が融合するとスッと一種独特な趣きが宿る。和アイテムを個別に見てみると、単にそれっぽいデザインで気軽に楽しめるものや、職人の技巧が光る本格派などさまざまだ。

しかし、このiPad用ケースの「和アイテム」としての振り切り方は、他の追随を許さないものがある。なんと、カバー全体が西陣織なのだ。

「【musubi】西陣織 kurumi for iPadAir/iPadmini」は、iPad Air、とiPad miniに対応したケース。iPad本体の四隅をバンドで挟み込んで固定して使用するブックカバー型で、「装着したままカメラを使用できる」「スタンド機能搭載」といったユーザビリティーが考慮されつつも、伝統的な西陣織の色彩を楽しむことができる。

西陣織といえば、日本を代表する伝統工芸品の一つで、500年以上の歴史を持つ京都の織物。古来より由緒・格式あるものとして親しまれ、西陣織の帯は着物の正装に用いられることはご承知のとおり。

その西陣織のiPadケースなのだから”和アイテムここに極まれり”である。当然、一つ一つが職人の手作り。和服のたもとに忍ばせても違和感がなく、おのずから漂う品格すら感じさせる。

品がありつつ、ユニークで、さらに手触りも抜群。幅広い世代と層に愛されるこの逸品は、外国人への贈り物にも、きっと喜ばれるに違いない。

参考情報(外部サイト)

スペック、西陣織の純和風iPad air & iPad miniケースを発売/エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ

関連記事リンク(外部サイト)

大好評だったジュラルミン製バンパーがiPhone6 Plusに対応!
薄さの限界に挑戦! 液晶保護フィルム並みの厚さ0.3mmのiPhone6 Plus用ケース
驚愕! 15万円のiPhoneケース!? その実態に迫る

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP