ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本球界に復帰の松坂大輔 8勝前後、打線の援護で2桁の予想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日米通算164勝で日本球界に復帰、4年間16億円の破格条件でソフトバンクに落ち着いた松坂大輔。1999年の西武入団以降、8年間で108勝をマークし、ポスティングでメジャー移籍してからも1年目に15勝、2年目にも18勝。その後はケガに苦しんだが、長く日本を代表するエースとして君臨してきた。

“平成の怪物”の日本一チームへの加入は吉と出るか凶と出るか。布陣を見る限りでは松坂に追い風が吹いている。

「今のソフトバンクは“元・西武色”が強い。工藤公康監督を筆頭に、正捕手には細川亨、投手にも帆足和幸がいる。細川とは長くバッテリーを組んでいたし、1つ年上の帆足は西武時代から一緒にゲームをして遊ぶなど仲が良い。すぐに溶け込めると思います」(ソフトバンク担当記者)

 一方で求められる合格ラインも高い。

「ソフトバンクの特徴はケガや病気などで投手に離脱者が多いこと。松坂の加入で層が厚くなり、12人で2つローテーションが組めるなどといわれているが、頭数は揃っていても柱がいない。松坂にはそれなりの勝ち星が求められる」(同前)

 松坂は何勝できるのか。プロ野球データに詳しいライターの広尾晃氏は、こう分析する。

「過去MLBの先発投手で、日本に復帰して成績が渡米前を上回った選手はいません。高齢化、メジャーでの消耗や故障、日本球界への再対応の難しさなどが要因でしょう。松坂の場合、故障のためここ4シーズンは年間100イニングも投げておらず、規定投球回数(144回)をクリアする可能性は極めて低い。

 勝ち星はメジャーへ行く前の8年間の6掛けがせいぜいで、おそらく8勝前後でしょう。打線の援護でうまくいけば2桁に届くかもしれませんが……」

※週刊ポスト2015年2月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松坂大輔がソフトバンクを選んだ理由 2人の女房と200勝達成
プロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗
スマートフォン キャリアによっては年間最大12万円の差つく

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP