ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国「尖閣諸島を奪取しても、米は経済制裁まで」と想定か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元京都大学大学院准教授で評論家の中野剛志氏が、果たして中国が尖閣諸島に侵攻した場合、何が起こるのかについて指摘する。

 * * *
 ロシアのクリミア侵略に対して、アメリカは経済制裁しかしなかった。ならば尖閣諸島を奪取しても、アメリカがやるのはせいぜい経済制裁だろう。中国はそう読んでいる。アメリカが尖閣を守れなかった時、日米同盟は無効化し、東アジアに中国を頂点とする秩序が成立する。そして日本は中国の覇権に屈する。だから中国は尖閣を執拗に狙っているのだ。

 尖閣とは、日本の喉元に当てられた『カミソリの刃』にほかならない。

 習近平は、2013年6月の米中首脳会談で「太平洋には米中という二つの大国を収めるのに十分な空間が存在する」と発言したという。確かにアメリカは東アジアから撤退しさえすれば、中国と共存できるだろう。だが、日本は東アジアから撤退することはできない。日本の自主防衛は、もはや望むものではなく、強いられるものなのだ。

※SAPIO2015年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「対中外交ではアメリカを利用しろ」と中曽根康弘氏が提言
経済制裁で日本製品が入らなくなったら困るのは中国の方
菅直人政権時代の内閣参与が311や尖閣漁船等を振り返った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。