ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新井貴浩 つかみはOKと報じられた自虐ネタ実際はスベっていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島はすでに優勝したような大騒ぎとなっている。理由はもちろん黒田博樹の古巣カープ復帰だ。

「飲み屋街でサラリーマンの話題は黒田一色。メジャーから出された20億円超の条件を蹴って、5分の1以下の年俸で古巣を選んだんですから。僕もその男気に感激しているし、間違いなく15勝はしてくれると、期待度100%ですよ」

 手放しでそう喜ぶのは、広島ОBの安仁屋宗八氏である。

「握ったボールの感触や飛距離の違いもあるだろうし、これだけ期待されればプレッシャーもハンパではないはず。日本のバッターの技術も上がっているから、まずは1勝だね。実績があるんだから1つ勝てばどんどん勝っていくと思います」

 そんな黒田フィーバーの陰でもう1人の出戻りはすっかり忘れ去られている。8年ぶりに古巣に復帰した新井貴浩だ。

 新井自身もそれを肌で感じているようで、正月明けの自主トレでは、「自分はレギュラー獲りに必死の身ですから」と弱気発言しきり。広島・大野練習場での合同自主トレではチームメートにこう挨拶した。

「久しぶりに帰ってきました。アドバイスしますんで、守備のことなら何でも聞いてください」

 かつて『阪神の四番』なる著書を出した強打者としての自信の欠片もない。広島担当記者が語る。

「いきなりの“自虐ネタ”に、若い選手は下を向いて笑いをかみ殺していました。すかさず新井は“なんで笑うん?”とツッコミを入れましたが、それでも若手は笑えなかった。翌日のスポーツ紙には、“つかみはОK”とあったが、実際には激しくスベっていました」

 阪神ファンのブーイングを浴びすぎて、すっかりイジケてしまったのか。そもそも移籍のタイミングが古巣復帰を熱望されていた黒田と被る時点で運もない。

 広島市内のデパートには『おかえりなさい! 黒田投手』の垂れ幕がかかるが、もちろんそこには新井の“ア”の字もなく、それに違和感を覚えるファンもいない。

 サードのポジションには堂林翔太、梵栄心、鈴木誠也など若手ライバルがひしめき、古巣の水は甘くはない。当面は復活を目指す“元4番仲間”の栗原健太がライバルになりそうだ。

※週刊ポスト2015年2月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
広島オーナーの新井貴浩歓迎発言 ファンの反感度把握目的か
金本氏 新井貴浩は「ダメダメ」、阪神入閣「ありえませ~ん」
阪神・新井貴の母校・広島工敗退に「新井病が伝染った」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP