ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立ってかける、スチームはMAXで他 アイロンがけの新常識4

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 準備が面倒だったり、かけてもかけてもしわがとれなかったり、時間も手間もかかって、とかく面倒なアイロンがけ。とはいっても、ワイシャツはパリッとしていたいもの。

「家庭でアイロンをかけるのとクリーニングとでは、異なる仕上がりが楽しめる」と話すのは、店頭に並ぶ前の洋服のアイロンプレスや検品を行う『ヤマサワプレス』代表の“アイロン男爵”こと山澤亮治さん。

「昨今、クリーニング店の多くでは、マシンを使ってプレスするため、くっきりと折り目がつき、平面的な仕上がりになります。一方、家庭でアイロンをかける場合は、肩や袖などにあえて折り目をつけず、ふんわりと立体的に仕上げるのがコツ。そうすると、着たときの体のラインを美しく見せることができるのです。体のラインにフィットするので着心地もよく、見た目にも柔らかい印象を与えます」(以下、「」内は山澤さん)

 なるほど、手仕事には機械でできないワザが宿るというもの。まずは4つの新常識を読んで、実践にトライ!

 新常識その1は、「アイロンは立ってかける!」

「立ってアイロンをかけると、かけ終わった部分をアイロン台から垂らせるので、しわやヨレができることがありません。座ってかけると、せっかくかけ終わった部分が床についてしまい、しわになってしまいます」

 新常識その2は、「アイロン前に手でしわを伸ばす!」

「面倒に思うかもしれませんが、先に手でざっと服のしわを伸ばしておくだけで、その後のアイロンがけの時間が大幅に短縮されて、仕上がりに違いが出ます」

 新常識その3は、「表示マークは見なくてよし!」

「実は家庭用のアイロンは、かけられる温度の幅がさほど大きくありません。かけるときは、すべて“中温”で大丈夫。高温に設定したほうが、早くしわが伸びそうな気がしますが、生地が傷んで溶けてきたり、色あせすることも。また、温度が低すぎると、スチームを出す時にポタポタと水が垂れて、放っておくとしみの原因になります。高温でかける素材は麻だけと覚えておいて」

 新常識その4は、「スチーム量はMAXで!」

「スチームの量を選べる機種なら“高”に設定を。生地にスチームで水分をたっぷり与え、しみ込ませることで、生地を柔らかくし、しわが伸びやすくなります」

※女性セブン2015年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「甘い物は脳に悪い」「0カロリーでも太る」等を説明した本
新選組のダンダラ羽織 初期の3か月ぐらいしか着ていない
SBホークスのダンスチーム「ハニーズ」 女だらけの控室潜入

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP