ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KAT-TUN 2015年第1弾シングルが前作超えの実売15万枚でビルボードチャート1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月2日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”にて、KAT-TUNの通算23枚目となるシングル『Dead or Alive』が実売セールス約15万枚で堂々の1位を獲得した。

 前シングルから約8か月ぶりとなった今作は、1月31日より公開となる亀梨和也主演の映画『ジョーカー・ゲーム』主題歌となっており、生と死の頭脳ゲームをドラマチックに彩るキラーチューンだ。発売初週の実売数で前シングル『In Fact』の12万枚を大きく超え、15万枚に近い数字を記録して2015年を好スタートで走り出した形だ。

 なお、チャートでは2位 JYJ『WAKE ME TONIGHT』をはじめ、3位 B1A4『白いキセキ』、4位 Block B『Very Good』とK-POP勢も猛威を振るっており、今冬ウインターバラードの定番とも言えるback numberの『ヒロイン』が5位にチャートインしている。

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Hot Singles Sales”
(2015年2月2日付)
1位.KAT-TUN『Dead or Alive』
2位.JYJ『WAKE ME TONIGHT』
3位.B1A4『白いキセキ』
4位.Block B『Very Good』
5位.back number『ヒロイン』

関連記事リンク(外部サイト)

京都生まれ/京都育ちのSSW“白波多カミン”待望の全国流通アルバム発売決定
シャロン・ヴァン・エッテン、ジェニー・ルイス、ジョナサン・ライスらが彩る映画『ブルックリンの恋人たち』3月公開
10cc来日公演 磨き上げられたハイレベルなバンド・サウンドに酔いしれる夜

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP