ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャロン・ヴァン・エッテン、ジェニー・ルイス、ジョナサン・ライスらが彩る映画『ブルックリンの恋人たち』3月公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アン・ハサウェイ演じるフラニーと、イギリスでフォーク・シンガーとしても活躍中のジョニー・フリン演じるジェームスが7日間の恋に落ちる映画『ブルックリンの恋人たち』が、3月13日に公開する。

 本作はアン・ハサウェイが主演のみならず初プロデュースも務めており、監督は『プラダを着た悪魔』で監督助手を務めていたケイト・バーカー・フロイランド。9年ぶりにタッグを組むラブ・ストーリーとして注目を集めている。

 そして、この映画のもう1つの主役は「音楽」だ。ジョニー・フリンが歌う劇中歌はジェニー・ルイスとジョナサン・ライスのコンビによるオリジナルの完全書き下ろし。実生活でもパートナーの2人が紡ぐ数々の楽曲が、映画をさらにロマンティックに盛り上げる。他にも2月にビルボードライブにて来日公演を行うシャロン・ヴァン・エッテンや、フェリス・ブラザーズなど、ニューヨークのインディ・ロックシーンで活躍するアーティストたちが次々に登場。ジェニー・ルイスのアルバムのMVにアン・ハサウェイが出演したことがきっかけで意気投合したアーティスト同士のコラボレーションは必見だ。

関連記事リンク(外部サイト)

シャロン・ヴァン・エッテン 現代USインディのミューズが来日を前に新曲を発表
10cc来日公演 磨き上げられたハイレベルなバンド・サウンドに酔いしれる夜
主要4部門だけじゃないグラミー賞、最優秀ラップ・アルバムに注目

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP