体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NICO Touches the Walls、2月5日(ニコの日)にアルバム発売記念特番を配信

NICO Touches the Walls初のアコースティックアルバム『Howdy!! We are ACO Touches the Walls』発売翌日の2月5日(ニコの日)21時30分より1時間、仮想ライヴ空間SHOWROOMからアルバム発売記念番組の配信が決定した。

NICO Touches the Walls (okmusic UP's)

番組はSHOWROOMに初出演となるNICO Touches the Wallsのメンバーが、発売されたばかりのアコースティックアルバム『Howdy!! We are ACO Touches the Walls』についてたっぷり語る。

そして、先日発表になったアルバム購入者限定の特典である、2月12日21時30分より配信となるビルボードライブに向けて、生配信を楽しんでもらえるようにNICOが一足早く生出演。SHOWROOMの楽しみ方、そしてアコースティックライヴへの意気込みも聞けるなど盛りだくさんの1時間になりそうだ。

NICO Touches the Wallsアルバム発売記念特番
SHOWROOM:2月5日(木)21時30分~
アコースティック・アルバム「Howdy!! We are ACO Touches the Walls」発売記念、NICO Touches the WallsのスタンバイでSHOW!

SHOWROOMとは
SHOWROOMとは、インターネット上でミュージシャン、アイドル、タレント等のパフォーマーとコミュニケーションを楽しむことができる仮想ライヴ空間。無料会員登録をすると、ガヤコメント(アバターから発される吹き出しコメント)やデジタルアイテム(ギフトアイテム)をステージに向かって投げ込む機能(ギフティング)などの利用が可能になり、ライヴ配信をより盛り上げることができる。

【SHOWROOM試聴方法】生配信を視聴するには、パスワードとSHOWROOMアカウントが必要となります。
またスマートフォンでの視聴には、アプリのダウンロードが必要となります
SHOWROOMアドレス
https://www.showroom-live.com/nicotouchesthewalls

「口笛吹いて、こんにちは」MV
http://youtu.be/ljXaJqV3910

アルバム『Howdy!! We are ACO Touches the Walls』
2015年2月4日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2543~2544/¥3,667+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2545/¥2,667+税
【完全生産限定盤】(アナログ)
KSJL-6178/¥3,667+税
<収録曲>
01. 口笛吹いて、こんにちは
02. 手をたたけ
03. THE BUNGY
04. 天地ガエシ
05. 夢1号
06. ホログラム
07. 芽
08. Diver
09. Broken Youth
10. ニワカ雨ニモ負ケズ
11. バイシクル

『ビルボードライブ「Howdy!! We are ACO Touches the Walls」』
2月12日(木) ビルボードライブ 東京
■1st ステージ:開場 17:30/開演 19:00
■2nd ステージ:開場 20:45/開演 21:30
お問い合わせ:ビルボードライブ東京 予約センター 03-3405-1133

2月14日(土) ビルボードライブ大阪
■1st ステージ:開場 15:30/開演 16:30
■2nd ステージ:開場 18:30/開演 19:30
お問い合わせ:ビルボードライブ大阪 予約センター 06-6342-7722

『ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ フェスト’15』
2月24日(火) 愛知 クラブダイヤモンドホール
開場18:00 開演19:00
共演:ストレイテナー
お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

2月25日(水) 大阪 なんばHatch
開場18:00 開演19:00
共演:UNISON SQUARE GARDEN
お問い合わせ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。