ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分でも簡単に作れる! 大ブームの「ライスミルク」でヘルシーダイエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本のトレンドやブームの最先端を紹介する雑誌『日経トレンディ』。昨年末に発表された2015年のヒット予測ランキング、その4位にランクインした「ライスミルク」はもうご存知ですか?

ダイエットの強い味方!

その名の通り、お米から作られたミルクドリンクの「ライスミルク」。
米処である日本ではこれまでほとんど知られていなかったのに、欧米ではポピュラーな飲み物であったというから驚きですよね!
さてこのライスミルク、お米の栄養素はそのままに、カロリーは牛乳の約半分、コレステロールフリーのうえに脂質も低いという、ダイエット中の女子にとってもうれしい飲み物なんです!!
肝心な味のほうも牛乳や豆乳よりもさらっとしていて飲みやすく、また乳製品のアレルギーがある人も安心ですね。

自分でも簡単に作れちゃう

ここ最近は日本でも市販もされるようになりましたが、自宅でも簡単に作れるのでレシピをご紹介しますね。

・材料
炊いたご飯100g
水500ml
塩ひとつまみ

上記の材料をミキサーにかけてなめらかになったら出来上がり。さらっとした口当たりにしたい人は、コーヒーフィルターなどでこしてもOKです。
なお、ローフードにこだわりがある人は、ご飯を発芽させた玄米にすれば、さらにヘルシーなマクロビライスミルクのできあがり。
お米の自然な甘みがあり、ヘルシーなのにおなかもホカホカに。そのまま飲んでもおいしいし、応用もとっても利くんです。
カフェオレにはもちろん、ハチミツやシナモン、ココアなどを入れればカフェ風のドリンクも手軽に作れるし、料理やスイーツにもOK。幅広く活躍してくれるんですよ。
単なるブームに終わらず、ライスミルクはこれからのスタンダードになりそうな予感大です。
milk image via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
冬の朝の10分ウォーキングで、うるうるセクシーフェイスに♡
飲み会続きでも太らないために心がけたい3つの行動
アレコレ買いたくなっちゃうけど…。太らないコンビニでの買い物のコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP