ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南壽あさ子、アステラス製薬のCMナレーションに大抜擢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

積水ハウスシャーメゾンCM「積水ハウスの歌」の歌唱が、大好評の南壽あさ子。新たに、アステラス製薬の新企業CM「臓器移植をしたきみ」篇でナレーションに大抜擢された。

臓器移植を受けた、ひとりの少女のこころの動きなどを爽やかな映像として映しだし、そこに「アステラスのくすり」がナレーションという方法で少女に夢を語りかける、という設定で展開する。

新CMは、1月24日~1月31日の期間、東京地区/大阪地区にて放映予定。また、本CMはアステラス製薬のウェブサイトに掲載されている。

さらに、2月12日発売のクイック・ジャパン118号にて、裏表紙を飾ること&特集記事掲載が決定した。今年新たな写真集「明星」を発表した、川島小鳥撮り下ろしとなる。

昨年6月の凜として時雨のTKプロデュース楽曲「みるいろの星」から全国7カ所の弾き歌いツアー「七つ星」各会場ソールドアウト、台湾公演なども大成功させた南壽あさ子。2月には、初のファンクラブイベント開催決定も決定している。

アステラス製薬
http://www.astellas.com/jp/

関連リンク

南壽あさ子 オフィシャルサイトhttp://www.nasuasaco.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP