ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オレオレ詐欺でダマした相手が悪かった……! 北野武監督『龍三と七人の子分たち』で“アウトレイジ顔”なジジイたちが大暴れ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


元ヤクザのジジイたちが詐欺集団の若者を成敗しようと奮闘する、北野武監督17作目となる待望の最新作『龍三と七人の子分たち』(4月25日公開)。本日解禁となった予告映像では、イキイキと世直しに立ち上がるジジイたちの、ツッコミどころ満載で個性豊かなキャラクターが明らかとなりました。

予告編の冒頭、オレオレ詐欺に引っかかり、500万円を要求してきた詐欺師の元を訪れる龍三親分(藤竜也)。いきなり刃物を取り出すと、「これで勘弁してくれ」と指を切り落とそうとします。コ、コイツ……明らかにカタギじゃねぇ。ビビった詐欺師も思わず後ずさりすると、「俺のメンツを潰すのか? てめぇの指詰めるぞコノヤロウ!」と意味不明の逆切れをする龍三親分。そこから詐欺集団のガキどもとの抗争が始まります。

“七人の子分たち”には、若頭のマサ(近藤正臣)を筆頭に、はばかりのモキチ(中尾彬)、神風のヤス(小野寺昭)、早撃ちのマック(品川徹)、ステッキのイチゾウ(樋浦勉)、五寸釘のヒデ(伊藤幸純)、カミソリのタカ(吉澤健)と、超がつくほどの豪華ベテラン俳優陣が集結。若頭が全然若くないとか、“神風の~”って年齢的にリアルすぎるとか、いちいち小ネタが利いていますが、平均年齢72歳という“エクスペンダブルズ”もビックリな面々がその現役ぶりを見せつけます。

刀を振り回し、拳銃をぶっ放すジジイたちの笑顔はなぜかチャーミング。北野武監督の前作『アウトレイジ』シリーズを「怖そう」と敬遠してしまった人でも、今回は劇場で楽しく笑えそうです。また本作には、龍三たちと顔なじみの刑事役としてビートたけしも登場! 暴走するジジイたちとのコミカルな掛け合いにも期待ですね。みんな大好き“ナメてた相手が実は殺人マシーンでしたムービー”の歴史に、また新たな1ページが刻まれます。

北野武監督『龍三と七人の子分たち』予告編 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=yoiYu-q2nkY

<ストーリー>
70歳の高橋龍三は、引退した元ヤクザ。ある日、オレオレ詐欺に引っかかったことをきっかけに、元暴走族の京浜連合と因縁めいた関係になった龍三は、「若いヤツらに勝手な真似はさせられねぇ」と昔の仲間に招集をかける。どうせ先は長くないのだからと盛り上がった勢いで「一龍会」を結成し、京浜連合のやることをことごとく邪魔しまくる龍三たち。そして一龍会vs.京浜連合の対立は、龍三や子分の家族を巻き込んだ一大騒動へと発展する……!

『龍三と七人の子分たち』公式サイト:
http://www.ryuzo7.jp/

 (C)2015 『龍三と七人の子分たち』 製作委員会

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP