ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kidori Kidori、2月発売のコンセプトEPのアートワーク公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kidori Kidoriが2月18日にリリースする、日本語新曲と洋楽カバーで構成されたコンセプトEP「El Urbano」(日本語で「都会」)のアートワークを公開した。

初の日本語のリード曲となる「ホームパーティ」は、日本語ならではの親しみや すいメロディとサンバのリズムを融合させたキラーチューン。リード曲を筆頭に、英語詞ロックのイメージの強い彼らが見せる、”新たな Kidori Kidori”の幕開けを感じさせる作品となっている。

そしてこのほど、発売まで1ヶ月を切り、新しいEPのジャケットデザインおよびアーティスト写真 が公開となった。ジャケットのイメージは、上京してきて約1年の彼らの心情が反映されたものとなっている。デザインは、デビューから彼らのジャケットやグッズのデザインをしている、mrが担当。アーティスト写真は、上京してメンバー2人が実際に共同生活をしている部屋で、カメラマン山川哲矢氏によって撮影されたもので、「ホームパーティ」を連想させる写真となっている。

また、6月に東名阪ワンマンツアーを開催することが発表された。自主企画では東京、大阪ではワンマンライヴを行って来たが、同タイミングでのワンマンツアーはこれが初となる。こちらの3公演は1月27日18:00よりオフィシャル先行チケットの受付を開始するのでお見逃しなく。2月25日『Kidori Kidori presents”1989″』は即完となっているだけに、こちらのワンマンライヴのチケットも早めにチェックしておいたほうがよさそうだ。

Kidori Kidoriは、2014年にメンバーの脱退というバンドにとっての最大の危機を乗り越え、計4枚の会場限定シングルと、藤原寛(ex.andymori)をサポートベースに迎えて完成させたミニアルバム『El Blanco 2』をリリース。『SUMMER SONIC 2014』『RUSH BALL 2014』『BAYCAMP2014』『COUNTDOWN JAPAN 14/15』などの大型フェスへの出演を果たし、止まる事無く驀進し続けている。

EP「El Urbano」
2015年2月18日発売
RDCA-1038/¥1,500+税
<収録曲>
1. ホームパーティ
2. 記号の街
3. PJ状態
4. Take Me Home, Country Roads (John Denver)
5. There is a light that never goes out (THE SMITHS)
6. Why Does It Hurt When I Pee? (Frank Zappa)

『Kidori Kidoriと雨やどりワンマンツアー』
6月20日(土) 梅田シャングリラ
6月21日(日) 名古屋UPSET
6月28日(日) 代官山UNIT

前売¥2,800 税込+D別

【オフィシャル先行チケット】
http://kidorikidori.jp
先行受付 1月27日(火)18:00~2月10日(火)18:00

「Come Together」 MV
http://youtu.be/5x6TiYDcbCw

Kidori Kidoriの”きどり途中下車の旅”
http://youtu.be/J2zhxmDG9es

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Kidori Kidori オフィシャルHP
『HighApps SPECIAL!!』、KANA-BOONとLAMP IN TERRENも出演決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。